育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

シャンプーが薄毛の原因になる例

シャンプーが薄毛の原因になる例

 

シャンプーすると当然のごとく抜け毛が生じます。これは物理的現象のため不可避です。
どんなに優しく指の腹を使って洗髪を行っても一定の抜け毛はまぬがれません。

 

 

ただこれは主に寿命の来た髪の毛が自然に抜けるのとほぼ同じことなので、この抜け毛
をもって薄毛になるわけではないので心配には及びません。

 

 

しかしシャンプーの仕方によっては直接的ではなく、間接的に抜け毛が増え、薄毛に繋
がっていくこともあるので注意が必要です。

 

 

今回はそれらの例について説明します。

 

 

 

 

)洗髪後シャンプーを良く洗い流さない

 

洗髪時、頭につけたシャンプーを良く流さないとシャンプーの成分が頭皮、特に毛穴に
残り、それが原因で頭皮の炎症に繋がってしまうことがあります。

 

 

そしてひとたび炎症が生じると、単に抜け毛が増えるだけでなく薄毛の遠因にもなり得
ます。

 

 

これと関連して、シャンプーを直接頭皮につけると、濃い液体がそのまま毛穴に付く事
になり洗い流しがスムーズにいかなくなることがありますので、シャンプーはまず掌に
受け、良く泡立ててから頭につけましょう。

 

 

2)シャンプー時、頭皮に刺激を与えてしまう

 

シャンプーの際、ここぞとばかりに髪と頭皮をゴシゴシ洗う人がいますが、これはやめ
といたほうが無難です。ゴシゴシ洗うと頭皮を傷つける心配があるからです。

 

 

当然爪を立てて頭皮を洗うことなどは論外ですし、洗髪ブラシも丁寧に使わない限り止
めておいたほうが良いでしょう。万が一頭皮に傷がつき炎症にでもなったら、これも抜
け毛の増加・薄毛誘発の遠因となりかねません。

 

 

 

 

3)頭皮をゴシゴシ洗うことのもうひとつの弊害

 

頭皮をゴシゴシ洗うと頭皮に傷をつけてしまう可能性だけでなく、 皮脂の落とし過ぎで
問題の生じる恐れがあります。

 

 

どういうことかと言いますと、

 

 

頭皮には適量の皮脂が絶えず存在します。皮脂は、
− 頭皮の水分を保つための保湿効果
− ほこりや異物から頭皮を守る

 

 

などの作用を持っているため、適量の皮脂を頭皮に保つよう体が機能しています。

 

 

しかし不自然な形で皮脂の量が急激に減ると、体はこれはやばいという事で反応し皮脂
の生産を増加させます。

 

 

皮脂の増加がそのまま抜け毛の増加や薄毛の原因にはならないと 脂漏性脱毛症の予防
対策はこれ一択!
で説明しましたが、皮脂の増加が脂漏性皮膚炎に繋がる可能性は否定
できません。

 

 

ですので、頭をゴシゴシ洗うことによって、必要以上に皮脂を少なくしてしまう事には
気をつけたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

4)高級アルコール系シャンプーは避けたほうが良いのか?

 

高級アルコール系シャンプー、所謂、石油系界面活性剤入りのシャンプーは避けた方が
良いという意見をネット上で多く見かけます。理由は、高級アルコール系の界面活性剤
は洗浄力が強く頭皮に優しくないので抜け毛や薄毛の原因になり得る、というものです。

 

 

しかし、そこまで大袈裟に考える必要はない、というのが私の意見です。

 

 

シャンプーを使う目的

 

シャンプーを使う目的は髪と頭皮を洗浄するためです。そしてこの洗浄を担うのは界面
活性剤です。

 

 

髪や頭皮を洗浄する以外の目的でシャンプーを使うのであれば別ですが、もし髪・頭皮
の洗浄目的で使用するのであれば、まずは洗浄効果の高いものから試してみるのが合理
的です。

 

 

石鹸シャンプーとの比較

 

洗浄力の強さを考慮するのであれば、石鹸シャンプーを使うのはどうか?という意見も
あります。

 

 

確かに石鹸もしくは石鹸シャンプーも洗浄力が高いのは確かですが石鹸・石鹸シャンプ
ーはアルカリ性のため弱酸性の髪とは相性が悪いし、頭皮にも刺激を与えます。

 

 

であれば高級アルコール系界面活性剤入りのシャンプーの方が無難だと思います。

 

 

 

 

試してみる

 

最近のシャンプーは、例え高級アルコール系界面活性剤が配合されていてもつけたら即
刺激を受けたり、使っていたら頭皮が悪化したなんて話はまず聞きません。

 

 

なので、まずはひとつのシャンプーを使ってみて、もし頭皮が乾燥するようだったら使
う頻度を減らしてみて、それでもしっくりこなかったらシャンプ―をアミノ酸タイプに
替えてみるなりすれば良いですし、

 

 

その後アミノ酸シャンプーを使ったけど洗浄力が足りないので、再度高級アルコール系
界面活性剤入り、しかし洗浄力は前のものほど強くないものを使うなど色々試してみれ
ば良いと思います。シャンプーも育毛剤同様、人によって肌に合う合わないがあります
ので。

 

 

注意点

 

とはいえ、高級アルコール系界面活性剤や石鹸系シャンプーで使われてる界面活性剤は、
洗浄力が強いのも確かなので、長時間つけっ放しにしたり(洗髪後すぐに洗い流さなか
ったり)頭皮をゴシゴシ洗い過ぎて皮脂を完全に取り除いてしまわないよう気をつける
ことは言うまでもありません。

関連ページ

薄毛の原因となる脱毛症の種類
薄毛の原因となる脱毛症の種類についての説明です。
髪の毛の毛周期とは?
髪の毛の毛周期(ヘアサイクル)についての説明です。
抜け毛と薄毛の関係 〜気をつけないといけない抜け毛〜
抜け毛と薄毛の関係についての説明です。
男性型脱毛症(AGA)とその発症のメカニズム
男性型脱毛症(AGA)発症のメカニズムの説明です。
AGAかどうか自己診断ってできるの?
AGAの診断方法について説明する記事です。
AGA(男性型脱毛症)の進行パターン
AGA(男性型脱毛症)の進行パターンについての説明です。
AGA対策 4つのポイント
AGAへの対処法の説明です。大きく4つのポイントに分けて説明します。
AGA前兆の見極めはコレ!
AGAの前兆についての説明です。
女性男性型脱毛症(FAGA)の原因とAGAとの症状の違い
女性男性型脱毛症(FAGA)の原因とAGAとの症状の違いを説明します。
間違いの無いFAGA(女性男性型脱毛症)対処法
FAGA(女性男性型脱毛症)改善をはかるための対処法についての説明です。
びまん性脱毛症の原因とその対策
びまん性脱毛症の原因とその対策についての説明です。
分娩後脱毛症(産後脱毛症)の原因と対処法
分娩後脱毛症(産後脱毛症)の原因と対処法についての説明です。
円形脱毛症の原因と治療法
円形脱毛症の原因と治療法についての説明です。
牽引性脱毛症とは?こんなにある原因
牽引性脱毛症の原因についての説明です。
粃糠性(ひこうせい)脱毛症の原因・予防・治療法
粃糠性脱毛症の原因・予防・治療法ついての説明です。
脂漏性脱毛症の予防対策はこれ一択!
脂漏性脱毛症の原因、症状、皮脂の多寡と薄毛の関係、予防対策、治療法の説明です。
頭皮常在菌と非常在菌 頭部白癬(しらくも)は怖い!?
頭皮常在菌と非常在菌、白癬(しらくも)についての説明です。
薬の副作用による脱毛は怖くない? 抗がん剤とそれ以外の薬
薬の副作用による脱毛についての説明です。
抜け毛の季節 抜け毛対策は重要です
季節による抜け毛についてです。抜け毛対策の重要性を説明しています。
抜毛症 自分の子供が抜毛症にかかったら
抜毛症とは何か?抜毛症にかかり易い子供の特徴と対処法に関しての説明です。
ストレスで薄毛になるは本当か?
ストレスと薄毛の関係についての説明です。
頭皮を傷つける行為とその回避策
頭皮を傷つける行為とその回避策についての説明です。
紫外線と抜け毛の関係
紫外線と抜け毛の関係、紫外線をどうやって避ければ良いか?説明します。
頭皮の糖化によって抜け毛は増えるのか?
頭皮の糖化によって抜け毛は増えるのか?調べてみました。
抜け毛が増えるのでシャンプーをできるだけ避けたいという考え方
シャンプーによって果して抜け毛が増えるかどうか検証しました。
頭皮の硬化で抜け毛が増えるは本当か?
頭皮の硬化で抜け毛が増えるかどうか検証します。
リンス・コンディショナー・トリートメントの使用は要注意
リンス・コンディショナー・トリートメントを使用する際の注意点を説明します。
頭皮の皮脂欠乏性湿疹(乾燥性皮膚炎)による抜け毛
頭皮の皮脂欠乏性湿疹(乾燥性皮膚炎)、皮脂欠乏症(乾皮症)による抜け毛の説明です。
接触性皮膚炎による脱毛
接触性皮膚炎による脱毛の可能性について説明します。
フケ対策を間違えるな! 〜放っておくと最悪抜け毛の増加も〜
乾燥性フケ、脂性のフケ、炎症性フケ、それぞれのフケ対策について説明します。