育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

紫外線と抜け毛の関係

紫外線と抜け毛の関係 

 

紫外線を受けると果たして抜け毛が増えるのか?

 

「紫外線は肌に悪い」と良く聞きます。紫外線を受けると体内で過度の活性酸素が作られ、
それが肌を酸化させ、 シミ・ソバカス・しわ・色素沈着・肌の老化などの原因になる事は
お肌を若々しく保ちたいという女性(男性も?)の間では常識となっているようです。

 

 

当然頭皮も肌の一部ですから 「紫外線を受ければ頭皮の悪化をまねく」でしょうが 頭皮
にシミ・ソバカス・しわ・色素沈着・頭皮の老化が生じたところで、それが抜け毛さらに
は薄毛にまで繋がるとはとても思えなかったので、この点について探ってみました。

 

 

 

 

髪の毛自体には確かに悪影響あり

 

まず髪の毛についてですが、紫外線の影響を受けると茶色っぽく変色したり、パサつい
たり乾燥したりと、髪の毛がダメージを受けるのは確かです。

 

 

茶色っぽく変色するまではいきませんでしたが、夏、強い日差しの下に長時間いて、髪
の毛が酷くパサついた経験があります。

 

 

これはシミ・ソバカス等のように、 紫外線によって体内で活性酸素が増えるため生じる
現象ではなく、紫外線が直接当たることによるダメージです。

 

 

紫外線による頭皮への直接的ダメージ

 

ということは頭皮も、活性酸素ではなく紫外線で直接ダメージを受けるかもしれないと
思って調べてみたところ、下記を見つけました。

 

 

「過度の紫外線に長時間さらされると、紫外線が持っているエネルギーで、まず表皮と
真皮の境の乳頭部分の毛細血管が充血して紅斑と呼ばれる状態になる。さらに紫外線を
浴び続けると毛細血管が傷つき、血管内から血漿(けっしょう)が漏れてしまうことで
水疱(水ぶくれ)が生じる」とありました。

 

 

これは肌への一般的な影響を述べてるものですが、こんな状態に陥れば確かに毛乳頭へ
の血流も滞り、抜け毛の原因になりかねませんね。

 

 

特に頭のてっぺんは、夏のお昼時は太陽光がほぼ垂直に照らしてくるので、顔などに比
べると紫外線の当たる量もかなり多くなるはずです。丁度海水浴などで日焼けを避ける
ためTシャツを着て過ごすと、首に近い肩の辺りが一番日焼けするのと同じです。

 

 

 

 

紫外線による毛細血管以外への影響

 

さらに、「紫外線(UV:ウルトラバイオレット)はその波長によりA/B/Cの3種類に分類
され、それぞれUV-A、UV-B、UV-Cと記されるが、このうちUV-Aはその波長が長いこと
から毛根にまで届き、髪の毛の元になる毛母細胞に悪影響を与え、それによって髪の毛が
十分に育たなくなる可能性がある」という説も見付けました。

 

 

しかしこれを裏付けるような資料は発見できませんでしたし、これはあくまで可能性の
話であって「紫外線は皮膚癌の原因になる」 と言われたところで、では外出をできる
だけ避けようという人は多くないのと同じで、毛母細胞への直接の影響を心配する必要
は特にないと個人的には思います。

 

 

紫外線対策

 

それでも紫外線の強い日や海水浴などに行く日は頭皮を守るため、紫外線対策をした方
が良いのは確かです。

 

1)紫外線の強い日は、取り敢えず帽子を被りましょう。当然「UVカット」帽子が断然
お勧めです。帽子の厚さ、素材などによっては、ほとんどUVが遮断されないものもあり
ますので。

 

 

 

 

また毎日外出する前に天気予報を見る人は多いと思いますが、気象庁は「UVインデック
ス」というのを毎日発表していますので、これをチラッと覗いてみてはどうでしょうか。

 

 

「UVインデックス」とは紫外線の強さを1から11まで色分けしているもので、特に紫外線
の強さが6以上の日は帽子を被るなど決めておけば良いと思います。

 

 

2)帽子を被ると頭が蒸れて抜け毛が増えるし薄毛も進むと思われている人もいますが、
そんなことはありませんので安心してください。

 

 

ただし頭が蒸れたら、それなりに洗髪に気を使う必要はあります。頭が蒸れたにもかか
わらず洗髪をしないでいると、 雑菌の繁殖から抜け毛が増える可能性がありますので、
この点は気をつけてください。

 

 

3)一方で、自分は帽子が似合わないので例え 「UVインデックス」が6以上でも帽子
は被りたくない、という人もいると思います。その場合は日焼け止めミストを使うとい
う手があります。

 

 

と言っても、こちらも「何それ?」「そんなもの頭に塗れるか!」と言う人も多いかも
しれませんね。

 

 

そのような人でも、もしシャンプーの際トリートメントを使っているのであれば、洗い
流さないトリートメント(アウトバス) であればUVカット成分配合の商品もあるので、
そちらを利用してみては如何でしょうか。

関連ページ

薄毛の原因となる脱毛症の種類
薄毛の原因となる脱毛症の種類についての説明です。
髪の毛の毛周期とは?
髪の毛の毛周期(ヘアサイクル)についての説明です。
抜け毛と薄毛の関係 〜気をつけないといけない抜け毛〜
抜け毛と薄毛の関係についての説明です。
男性型脱毛症(AGA)とその発症のメカニズム
男性型脱毛症(AGA)発症のメカニズムの説明です。
AGAかどうか自己診断ってできるの?
AGAの診断方法について説明する記事です。
AGA(男性型脱毛症)の進行パターン
AGA(男性型脱毛症)の進行パターンについての説明です。
AGA対策 4つのポイント
AGAへの対処法の説明です。大きく4つのポイントに分けて説明します。
AGA前兆の見極めはコレ!
AGAの前兆についての説明です。
女性男性型脱毛症(FAGA)の原因とAGAとの症状の違い
女性男性型脱毛症(FAGA)の原因とAGAとの症状の違いを説明します。
間違いの無いFAGA(女性男性型脱毛症)対処法
FAGA(女性男性型脱毛症)改善をはかるための対処法についての説明です。
びまん性脱毛症の原因とその対策
びまん性脱毛症の原因とその対策についての説明です。
分娩後脱毛症(産後脱毛症)の原因と対処法
分娩後脱毛症(産後脱毛症)の原因と対処法についての説明です。
円形脱毛症の原因と治療法
円形脱毛症の原因と治療法についての説明です。
牽引性脱毛症とは?こんなにある原因
牽引性脱毛症の原因についての説明です。
粃糠性(ひこうせい)脱毛症の原因・予防・治療法
粃糠性脱毛症の原因・予防・治療法ついての説明です。
脂漏性脱毛症の予防対策はこれ一択!
脂漏性脱毛症の原因、症状、皮脂の多寡と薄毛の関係、予防対策、治療法の説明です。
頭皮常在菌と非常在菌 頭部白癬(しらくも)は怖い!?
頭皮常在菌と非常在菌、白癬(しらくも)についての説明です。
薬の副作用による脱毛は怖くない? 抗がん剤とそれ以外の薬
薬の副作用による脱毛についての説明です。
抜け毛の季節 抜け毛対策は重要です
季節による抜け毛についてです。抜け毛対策の重要性を説明しています。
抜毛症 自分の子供が抜毛症にかかったら
抜毛症とは何か?抜毛症にかかり易い子供の特徴と対処法に関しての説明です。
ストレスで薄毛になるは本当か?
ストレスと薄毛の関係についての説明です。
頭皮を傷つける行為とその回避策
頭皮を傷つける行為とその回避策についての説明です。
頭皮の糖化によって抜け毛は増えるのか?
頭皮の糖化によって抜け毛は増えるのか?調べてみました。
抜け毛が増えるのでシャンプーをできるだけ避けたいという考え方
シャンプーによって果して抜け毛が増えるかどうか検証しました。
シャンプーが薄毛の原因になる例
シャンプーが薄毛の原因になる例について説明します。
頭皮の硬化で抜け毛が増えるは本当か?
頭皮の硬化で抜け毛が増えるかどうか検証します。
リンス・コンディショナー・トリートメントの使用は要注意
リンス・コンディショナー・トリートメントを使用する際の注意点を説明します。
頭皮の皮脂欠乏性湿疹(乾燥性皮膚炎)による抜け毛
頭皮の皮脂欠乏性湿疹(乾燥性皮膚炎)、皮脂欠乏症(乾皮症)による抜け毛の説明です。
接触性皮膚炎による脱毛
接触性皮膚炎による脱毛の可能性について説明します。
フケ対策を間違えるな! 〜放っておくと最悪抜け毛の増加も〜
乾燥性フケ、脂性のフケ、炎症性フケ、それぞれのフケ対策について説明します。