育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

AGA対策 4つのポイント

AGA対策 4つのポイント

 

AGAの進み具合

 

AGA対策については色々な記事で触れましたが、まとまった説明を行っていませんでした
ので、今回まとめてみました。

 

 

ただしこれらの対処法は、AGAの進行状況が下のAGA進行ステップBeginningまでが
対象です。これより薄毛が進行してしまうと、お薬や育毛剤、サプリだけでは、さらなる
進行を止めることはできても髪の毛を増やすことはほぼ期待薄です。

 

 

さらに「Type O」「Type O+M」のBeginningで、まだ頭頂部が薄くなり始めている
程度なら、これから説明する対処方法で髪の毛を増やせるかもしれませんが、

 

 

頭頂部の肌が完全に透けて見えてしまっている状態まで薄毛が進んでしまうと、 薄毛の
進行を止めることはできても、リカバーはかなり厳しいと思います。

 

 

 

 

AGA対策

 

大きく4つに分けて説明していきますね。

 

1)AGA発生のメカニズムに着目し、薄毛の原因となる物質を抑制する:

 

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが酵素5αリダクターゼと結びつき男性ホルモン
の一種DHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、さらにそれがアンドロゲン受容体
と結びついて TGF-βというタンパク質になり、このタンパク質が髪の毛の元となる毛母
細胞の活性化を妨げることにより生じます。

 

 

毛母細胞の活性化がなされなくなると、髪の毛の成長も止まり、髪の毛が十分太くなる
前に抜け落ちてしまうというサイクルに陥り、薄毛がどんどん進行していきます。

 

 

従って、酵素5αリダクターゼ、アンドロゲン受容体、TGF-βタンパク質などAGA発症
にかかわる物質の生成を抑制する成分を含んだ育毛剤を使用することがAGA対策に効力
を発揮します。

 

 

 

 

特にこれは育毛剤ではありませんが、飲み薬(医薬品)のフィナステリド(商品名プロ
ぺシアもしくはそのジェネリック薬)デュタステリド(商品名ザガーロ)などの、酵素
5αリダクターゼを抑制する薬を服用することはAGA対策に大変有効です。

 

 

なお、飲み薬の服用にあたっては副作用なども報告されていますので、 個人輸入業者
などから購入せず、 しっかりと医師の処方の下、服用する必要があることは言うまで
もありません。

 

 

2)AGA以外の理由による抜け毛を防止する:

 

純粋にAGAだけでしたらAGAの原因となる物質を抑制するだけで事足りますが、 実際
にはそれ以外の理由で抜け毛が増えている可能性もありますので、 そのような抜け毛
を食い止める必要があります。

 

 

@頻繁に洗髪をし頭皮を清潔に保つ。 頭皮を清潔に保たないと雑菌が増えそれが炎症
→ 抜け毛につながりかねません。

 

 

ただし1日2回以上のシャンプーは頭皮にとって相当負担になりますのでできるだけ避け
ましょう。

 

 

A強い日差しの時は帽子を被って頭皮を紫外線から守り、 頭皮悪化による抜け毛を防
ぎましょう。 特に炎天下で帽子を被ると頭皮に汗をかき、 それが雑菌繁殖の原因にも
なりかねませんので、@の頭皮を清潔に保つことがさらに大切になってきます。

 

 

Bすでに頭皮が荒れてしまっている場合は、頭皮の抗炎症・抗菌成分が配合されている
育毛剤を使用することで健康的な頭皮を取り戻し、抜け毛の増加を防ぎましょう。

 

 

 

 

3)血流促進によって育毛をはかる:

 

髪の毛の育毛・養毛がなされ髪が太く強くなると、例え頭髪数が増えなくても増毛した
かのように見えてきます。

 

 

@頭皮の毛細血管の血流を促進し、 体内にある栄養素(ビタミン、 酸素、 アミノ酸、
水分など)が毛根の一番奥にある毛乳頭にスムーズに届くようにして、 髪の毛の元と
なる毛母細胞の活性化をはかります。

 

 

そのためにミノキシジル(医薬品です。商品名はリアップ5%)または血流促進効果が
期待できる育毛剤を頭皮に塗布することは効果的です。

 

 

Aさらに頭皮マッサージを行うことで血行を良くすることができます。

 

 

Bしかし、いくら血行が良くなったところで体内に十分な栄養素がないと髪の毛の元と
なる毛母細胞、そして毛母細胞に発毛の指示を与える毛乳頭の活性化には繋がりません
ので、できるだけ生活習慣を整え体内の栄養素不足が生じないようにしましょう。

 

 

C体内の栄養素ということに関しては育毛に効果的と思われるサプリを飲んだり、特定
の成分、 例えばイソフラボンなどを含んだ食材を摂取することも育毛に有効だと言われ
ています。

 

 

 

 

4)毛乳頭・毛母細胞に直接育毛成分を与え、毛乳頭・毛母細胞の活性化を
  促し髪の毛の成長をはかる:

 

毛乳頭・毛母細胞の活性化を促す成分は色々ありますが、植物系エキスをベースに作ら
れた成分が主力です。

 

 

ただその種類は多く、人によってその効果に差が出るので、色々な商品を試し自分に合
った成分を見つけるしかないのが玉にきずです。

 

_____________________________________________________

 

AGA対策は、 人それぞれの環境の違いによって全ての対策をとれないかもしれないし、
その効果もまちまちなので、どれとどれは絶対にやった方が良いなんてことは言えませ
んが、これらの対処方法を参考にしてAGA対策を立てていただけたらと思います。

関連ページ

薄毛の原因となる脱毛症の種類
薄毛の原因となる脱毛症の種類についての説明です。
髪の毛の毛周期とは?
髪の毛の毛周期(ヘアサイクル)についての説明です。
抜け毛と薄毛の関係 〜気をつけないといけない抜け毛〜
抜け毛と薄毛の関係についての説明です。
男性型脱毛症(AGA)とその発症のメカニズム
男性型脱毛症(AGA)発症のメカニズムの説明です。
AGAかどうか自己診断ってできるの?
AGAの診断方法について説明する記事です。
AGA(男性型脱毛症)の進行パターン
AGA(男性型脱毛症)の進行パターンについての説明です。
AGA前兆の見極めはコレ!
AGAの前兆についての説明です。
女性男性型脱毛症(FAGA)の原因とAGAとの症状の違い
女性男性型脱毛症(FAGA)の原因とAGAとの症状の違いを説明します。
FAGA(女性男性型脱毛症)改善をはかるための対処法
FAGA(女性男性型脱毛症)改善をはかるための対処法についての説明です。
びまん性脱毛症の原因とその対策
びまん性脱毛症の原因とその対策についての説明です。
分娩後脱毛症(産後脱毛症)の原因と対処法
分娩後脱毛症(産後脱毛症)の原因と対処法についての説明です。
円形脱毛症の原因と治療法
円形脱毛症の原因と治療法についての説明です。
牽引性脱毛症とは?こんなにある原因
牽引性脱毛症の原因についての説明です。
粃糠性(ひこうせい)脱毛症の原因・予防・治療法
粃糠性脱毛症の原因・予防・治療法ついての説明です。
脂漏性脱毛症の予防対策はこれ一択!
脂漏性脱毛症の原因、症状、皮脂の多寡と薄毛の関係、予防対策、治療法の説明です。
頭皮常在菌と非常在菌 頭部白癬(しらくも)は怖い!?
頭皮常在菌と非常在菌、白癬(しらくも)についての説明です。
薬の副作用による脱毛は怖くない? 抗がん剤とそれ以外の薬
薬の副作用による脱毛についての説明です。
抜け毛の季節 抜け毛対策は重要です
季節による抜け毛についてです。抜け毛対策の重要性を説明しています。
抜毛症 自分の子供が抜毛症にかかったら
抜毛症とは何か?抜毛症にかかり易い子供の特徴と対処法に関しての説明です。
ストレスで薄毛になるは本当か?
ストレスと薄毛の関係についての説明です。
頭皮を傷つける行為とその回避策
頭皮を傷つける行為とその回避策についての説明です。
紫外線と抜け毛の関係
紫外線と抜け毛の関係、紫外線をどうやって避ければ良いか?説明します。
頭皮の糖化によって抜け毛は増えるのか?
頭皮の糖化によって抜け毛は増えるのか?調べてみました。
抜け毛が増えるのでシャンプーをできるだけ避けたいという考え方
シャンプーによって果して抜け毛が増えるかどうか検証しました。
シャンプーが薄毛の原因になる例
シャンプーが薄毛の原因になる例について説明します。
頭皮の硬化で抜け毛が増えるは本当か?
頭皮の硬化で抜け毛が増えるかどうか検証します。
リンス・コンディショナー・トリートメントの使用は要注意
リンス・コンディショナー・トリートメントを使用する際の注意点を説明します。
頭皮の皮脂欠乏性湿疹(乾燥性皮膚炎)による抜け毛
頭皮の皮脂欠乏性湿疹(乾燥性皮膚炎)、皮脂欠乏症(乾皮症)による抜け毛の説明です。
接触性皮膚炎による脱毛
接触性皮膚炎による脱毛の可能性について説明します。
フケ対策を間違えるな! 〜放っておくと最悪抜け毛の増加も〜
乾燥性フケ、脂性のフケ、炎症性フケ、それぞれのフケ対策について説明します。