育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

AGAかどうか自己診断ってできるの?

AGAかどうか自己診断ってできるの?

 

AGAって?

 

AGA(エージーエー)とは英語名AndroGenetic Alopeciaの略で、直訳すると男性型脱毛症
です。

 

 

そのため通称で男性型脱毛症と呼ばれていますが、 実際は若年・壮年男性の薄毛という
意味合いが強いです。

 

 

特に最近では20歳代で1割、 30歳代で2割、 40歳代で3割、50歳以上で4割の人がAGA
だと言われ、中には10歳代でAGAにかかるひともいます。

 

 

AGAの症状を大きく分けると

 

額の両こめかみの生え際がどんどん後退していくか、頭頂部がどんどん薄くなる、もし
くはその両方が同時に進行するパタ―ンと、

 

 

前頭部が全体的に後退していき、最後は頭頂部まで薄くなる2つのパターンがあります。

 

 

とにかくAGAは進行性のためこれを放っておくと髪の毛の数は減り続け、どんどん薄毛
が進行していきます。

 

 

 

 

AGAかどうか自己診断は可能?

 

以下の3つ全てに該当する場合はAGAの可能性がかなり高いです。

 

 

1)薄毛の症状:

 

先に説明したように、AGAの薄毛進行の初期症状は、額のこめかみの生え際が後退して
いく、頭頂部が薄くなる、前頭部が後退していく、ですので髪がこのパターンで抜け始
めたらAGAの可能性なきにしもあらずです。

 

 

2)抜け毛の質:

 

朝起きて、枕元に沢山の抜け毛があったり、シャンプー時の抜け毛が多いからと言って
それだけでAGAを疑う必要はありません。 成人男性の頭髪数の平均は約10万本、多い
人で15万本くらいで、1日の抜け毛の平均は50〜100本といわれています。

 

 

つまり朝枕元に20〜30本の髪が抜けていても問題があるとは断定できませんし、一番
多くの髪が抜けると言われるシャンプー時の抜け毛が30〜50本もあるから問題だとも
言えません。

 

 

ではどのような場合は注意が必要かというと、

 

 

AGAは、髪の毛周期の成長期が短くなり、髪が十分に強く太くなる前の未成熟な状態で
抜け落ちてしまうことによって生じるので、未成熟な髪が多く抜けていたら注意が必要
です。

 

 

でも、成熟した髪か、未成熟な髪が抜けたのかなんて判断できない、と思われるかもし
れませんが、これは、髪の毛の先が尖っているかいないかで判断できます。

 

 

通常、しっかり育った髪の毛は理容室でカットされるので、先が尖っていません。一方、
十分育つ前、早いうちに抜けてしまった髪は先が尖っています。これは実際に見てみる
と違いが容易に分かります。

 

 

そして抜け毛の総数に対し先の尖った抜け毛が3割を超えると「AGAの可能性あり」と
判断します。通常であればこの割合は1割です。

 

 

もしこれを真剣に調べてみたい、ということであれば、やはりシャンプー時の抜け毛を
調べるのがお勧めです。先ほど言ったように抜け毛は洗髪時が一番多いので、母数が多
い分、診断もより正確になります。

 

 

というか、朝、枕もとの抜け毛を掻き集めるのは大変ですよね^^;

 

 

シャンプー時の抜け毛を調べるのであれば、排水溝に市販の排水溝ネットをつければ簡
単に抜け毛を集めることができ便利です。

 

 

 

 

3)母方の祖父が若いときから薄毛:
父親、祖父、 さらには一族郎党に若禿げのひとがいると遺伝によって本人もAGAの可能
性が高い、と言われることがありますが、これはあまり正確な表現とはいえません。

 

 

その理由は、

 

 

AGAの原因と考えられる脱毛因子TGF-βというタンパク質は、男性ホルモンの一種DHTに
AR(アンドロゲンレセプタ―)という受容体が結合して産生されますが、

 

 

もしAR(アンドロゲンレセプター)の感受性が高いと男性ホルモンDHTとARは結合しやす
くなりTGF-βが容易に増えます。 しかし逆にARの感受性が低いと、男性ホルモンDHTと
ARは結合しにくく、 TGF-βの産生も抑えられます。

 

 

つまり、 ARの感受性次第で薄毛になりやすい体質かどうかが決まるのですが、このAR
遺伝子は、 もしあなたが男性なら母親のみから受け取っています。 その理由は、ARの
遺伝子は性染色体XとYの内、Xのみに存在するからです。

 

 

人間の正常な男性はXとYの2本の性染色体を持っているXY型で、一方の女性はXXです。

 

 

もしあなたが男性であれば、父親からはY性染色体を、母親からはX性染色体を受けてい
ます。 もしあなたが父親からX性染色体を受け取っていたら今のあなたはXXで女性です。

 

 

これが、男性であるあなたは、AR遺伝子を母親のみから受け取っている理由です。

 

 

以上のことから、父親、父方の祖父、父方の親戚などに若禿げの人が仮にいたとしても、
その人達が持っている 感受性の高いAR遺伝子をあなたは受け取っていないので、こと
AGAに限っていえばそれほど心配する必要はありません。

 

 

 

 

他方、注意しなければいけないのが、あなたの母方です。

 

 

あなたの母親はX性染色体を、あなたの祖父と祖母両者から受けていますので、

 

 

もし母方の祖父が若禿げでしたら、あなたは祖父の持つ感受性の高いAR遺伝子をあな
たの母親経由で受けた可能性があります。

 

 

一方の母方の祖母ですが、祖母は女性で男性のように若禿げが現れることはありません
し、そもそもAGAは男性に現れる症状ですので、母方の祖母の若い頃の髪の毛の状態を
調べても母親の髪の毛の状態を調べるのと同様意味がありません。

 

 

まとめ

 

最後になりますが、 もし上記3つとも当てはまっていたらAGAではないか真剣に疑って
みたほうが良いと思います。

 

 

それでも良くわからないという場合は、AR(アンドロゲンレセプター)の遺伝子検査で
AGAのリスクを判定してくれるクリニックを訪問し検査を受けてみてはどうでしょうか?

 

 

ただしこれは将来的にAGAになるリスクがどのくらいあるのかを判定するものですので、
まだ薄毛の兆候がほとんどない若い人は自分のリスクを知る上で有益ですが、

 

 

すでにAGAが進行中という自覚を持っている人は、単にお金と時間の無駄にしかならない
と思います。

 

関連ページ

薄毛の原因となる脱毛症の種類
薄毛の原因となる脱毛症の種類についての説明です。
髪の毛の毛周期とは?
髪の毛の毛周期(ヘアサイクル)についての説明です。
抜け毛と薄毛の関係 〜気をつけないといけない抜け毛〜
抜け毛と薄毛の関係についての説明です。
男性型脱毛症(AGA)とその発症のメカニズム
男性型脱毛症(AGA)発症のメカニズムの説明です。
AGA(男性型脱毛症)の進行パターン
AGA(男性型脱毛症)の進行パターンについての説明です。
AGA対策 4つのポイント
AGAへの対処法の説明です。大きく4つのポイントに分けて説明します。
AGA前兆の見極めはコレ!
AGAの前兆についての説明です。
女性男性型脱毛症(FAGA)の原因とAGAとの症状の違い
女性男性型脱毛症(FAGA)の原因とAGAとの症状の違いを説明します。
FAGA(女性男性型脱毛症)改善をはかるための対処法
FAGA(女性男性型脱毛症)改善をはかるための対処法についての説明です。
びまん性脱毛症の原因とその対策
びまん性脱毛症の原因とその対策についての説明です。
分娩後脱毛症(産後脱毛症)の原因と対処法
分娩後脱毛症(産後脱毛症)の原因と対処法についての説明です。
円形脱毛症の原因と治療法
円形脱毛症の原因と治療法についての説明です。
牽引性脱毛症とは?こんなにある原因
牽引性脱毛症の原因についての説明です。
粃糠性(ひこうせい)脱毛症の原因・予防・治療法
粃糠性脱毛症の原因・予防・治療法ついての説明です。
脂漏性脱毛症の予防対策はこれ一択!
脂漏性脱毛症の原因、症状、皮脂の多寡と薄毛の関係、予防対策、治療法の説明です。
頭皮常在菌と非常在菌 頭部白癬(しらくも)は怖い!?
頭皮常在菌と非常在菌、白癬(しらくも)についての説明です。
薬の副作用による脱毛は怖くない? 抗がん剤とそれ以外の薬
薬の副作用による脱毛についての説明です。
抜け毛の季節 抜け毛対策は重要です
季節による抜け毛についてです。抜け毛対策の重要性を説明しています。
抜毛症 自分の子供が抜毛症にかかったら
抜毛症とは何か?抜毛症にかかり易い子供の特徴と対処法に関しての説明です。
ストレスで薄毛になるは本当か?
ストレスと薄毛の関係についての説明です。
頭皮を傷つける行為とその回避策
頭皮を傷つける行為とその回避策についての説明です。
紫外線と抜け毛の関係
紫外線と抜け毛の関係、紫外線をどうやって避ければ良いか?説明します。
頭皮の糖化によって抜け毛は増えるのか?
頭皮の糖化によって抜け毛は増えるのか?調べてみました。
抜け毛が増えるのでシャンプーをできるだけ避けたいという考え方
シャンプーによって果して抜け毛が増えるかどうか検証しました。
シャンプーが薄毛の原因になる例
シャンプーが薄毛の原因になる例について説明します。
頭皮の硬化で抜け毛が増えるは本当か?
頭皮の硬化で抜け毛が増えるかどうか検証します。
リンス・コンディショナー・トリートメントの使用は要注意
リンス・コンディショナー・トリートメントを使用する際の注意点を説明します。
頭皮の皮脂欠乏性湿疹(乾燥性皮膚炎)による抜け毛
頭皮の皮脂欠乏性湿疹(乾燥性皮膚炎)、皮脂欠乏症(乾皮症)による抜け毛の説明です。
接触性皮膚炎による脱毛
接触性皮膚炎による脱毛の可能性について説明します。
フケ対策を間違えるな! 〜放っておくと最悪抜け毛の増加も〜
乾燥性フケ、脂性のフケ、炎症性フケ、それぞれのフケ対策について説明します。