育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

抜け毛が増えるのでシャンプーをできるだけ避けたいという考え方

抜け毛が増えるのでシャンプーをできるだけ避けたいという考え方

 

シャンプー時の抜け毛が酷いので、できるだけ洗髪を避けたいという薄毛の人の悩みに
対し、

 

 

「シャンプーは毎日とは言わないまでも、頻繁にする必要がある。理由は頭皮を絶えず
清潔に保たないと抜け毛が増えてしまうから」という回答をよくネット上で見かけます。

 

 

しかし、この説明だけではどうも腑に落ちなかったので、この件、自分なりに考えてみ
ました。

 

 

その結果「シャンプーは毎日とは言わないまでも、頻繁に行う必要がある」というのは
ケースバイケースではないかと思うようになりました。

 

 

 

 

1)ケース1:男性型脱毛症(AGA)女性男性型脱毛症(FAGA)
の人の場合

 

これらを原因とする薄毛の人は「頻繁にシャンプーしても問題はない」と言うか「例え
シャンプー時の抜け毛が気になっても頻繁にシャンプーして頭皮を清潔に保ったほうが
良い」と思います。

 

 

その理由:

 

AGAFAGAは毛周期の乱れによって生じる脱毛症です。本来であれば3〜6年で抜け
るはずの髪の毛が、毛周期の乱れによって、もっと短期間で抜けてしまうため生じます。

 

 

そしてAGA・FAGAは進行性脱毛症のため、 抜け毛が月日の経過とともに増えていく
のですが、これを別の側面から見ると、ある特定の日に抜ける髪の毛の数は、無理やり
髪の毛を引っ張ったりして抜かない限り一定です。

 

 

ある特定の日の抜け毛の数が一定ということは、極端に言えばシャンプーをしない事に
よって抜け毛が減っても、その分ブラッシング、もしくは櫛で髪をとく際の抜け毛が増
えたり、

 

 

それでは!と言うことでブラシや櫛を一切使わないようにしても、その分就寝時の抜け
毛が増えてしまう、ということです。就寝時に髪の毛と枕は必ず接触しますので抜け毛
を避けることはできません。

 

 

 

 

言い換えると、シャンプーしようがしまいが毎日の抜け毛の総数に変わりないので、

 

 

シャンプーをしなかったことで頭皮を清潔に保てず、それによって雑菌が増殖し抜け毛
が増えるリスクを負うことを考えると、頻繁にシャンプーをしたほうが良いという結論
に達します。

 

 

※頻繁にシャンプーすると言っても、1日に2回以上のシャンプーはやり過ぎですので
避けて下さい。

 

 

2)ケース1同様、頻繁にシャンプーして、頭皮を清潔に保った
ほうが良いケース:

 

「分娩後脱毛症」「円形脱毛症」FAGAを原因とする「びまん性脱毛症」などはAGA・
FAGA同様、特定の日の抜け毛の総数に変わりはないので、頻繁にシャンプーして頭皮
を清潔に保つに越したことはありません。

 

 

3)ケ―ス2:髪の毛の頭皮への固着力低下による脱毛の場合

 

一方で頭皮の悪化により髪の毛の頭皮への固着力が弱まり、それが抜け毛の原因になっ
ている場合は、シャンプーすることによって抜け毛が増えるのをできるだけ避けた方が
良いということになります。

 

 

例えば粃糠性(ひこうせい)脱毛症脂漏性脱毛症などでは、髪の毛は軽く引っ張った
だけで抜けてしまうので、シャンプーのみならずブラッシングや櫛で髪をとくこともで
きるだけ避け、夜寝るときも、昔の侍が使っていたような後頭部、それもできるだけ首
に近い頭部のみが接触する枕を使ったほうが良いわけです。

 

 

と言っても、シャンプーのみならず全く水洗いさえせずに放っておいたら髪の毛ばかり
でなく頭皮もどんどん汚れていくわけですし、長いこと髪をとかないでいられるわけも
ないので、 できるだけその回数を減らすにせよ、どこまで減らせば良いのか? 難しい
判断を迫られます。

 

 

 

 

まとめ:

 

シャンプーを頻繁に使って頭皮を清潔に保つのは、一般論としてあたり前のことですが
それが直接抜け毛の増加に繋がっても困るので、まずは自分が直面している薄毛の原因
は何か?を知り、それにによって対処の仕方を決めるのが適切なやり方だと思います。

 

 

すでに説明したように、 AGAFAGAであれば、頭皮を清潔に保つべく洗髪による
一時的抜け毛の増加には目をつぶり(その分就寝時の抜け毛が減るはずだと割り切り)
頭皮を清潔に保つようにするのが正解ですし、

 

 

もし粃糠性(ひこうせい)脱毛症脂漏性脱毛症であればブラッシング、櫛による髪
ゆいを含め、できるだけ物理的な力による脱毛を防ぐことが重要だということです。

 

 

当然、物理的な力による脱毛を防ぐにしろ、洗髪で頭皮を清潔に保つことも必要なので、
この辺のバランスをどうとれば良いのか? という疑問が生じるかもしれませんが、

 

 

粃糠性(ひこうせい)脱毛症脂漏性脱毛症が発症したら幸か不幸か皮膚科訪問はまぬ
がれず、シャンプーの頻度のみならずコンディショナー・トリートメント・育毛剤の使用
なども含め、担当医の方と相談しながら最適な方法を決めることになるので、バランスの
とり方について一人で悩むことはないでしょう。

 

AGA・FAGAは男性型脱毛症(AGA)女性男性型脱毛症(FAGA)を参照してください。

関連ページ

薄毛の原因となる脱毛症の種類
薄毛の原因となる脱毛症の種類についての説明です。
髪の毛の毛周期とは?
髪の毛の毛周期(ヘアサイクル)についての説明です。
抜け毛と薄毛の関係 〜気をつけないといけない抜け毛〜
抜け毛と薄毛の関係についての説明です。
男性型脱毛症(AGA)とその発症のメカニズム
男性型脱毛症(AGA)発症のメカニズムの説明です。
AGAかどうか自己診断ってできるの?
AGAの診断方法について説明する記事です。
AGA(男性型脱毛症)の進行パターン
AGA(男性型脱毛症)の進行パターンについての説明です。
AGA対策 4つのポイント
AGAへの対処法の説明です。大きく4つのポイントに分けて説明します。
AGA前兆の見極めはコレ!
AGAの前兆についての説明です。
女性男性型脱毛症(FAGA)の原因とAGAとの症状の違い
女性男性型脱毛症(FAGA)の原因とAGAとの症状の違いを説明します。
FAGA(女性男性型脱毛症)改善をはかるための対処法
FAGA(女性男性型脱毛症)改善をはかるための対処法についての説明です。
びまん性脱毛症の原因とその対策
びまん性脱毛症の原因とその対策についての説明です。
分娩後脱毛症(産後脱毛症)の原因と対処法
分娩後脱毛症(産後脱毛症)の原因と対処法についての説明です。
円形脱毛症の原因と治療法
円形脱毛症の原因と治療法についての説明です。
牽引性脱毛症とは?こんなにある原因
牽引性脱毛症の原因についての説明です。
粃糠性(ひこうせい)脱毛症の原因・予防・治療法
粃糠性脱毛症の原因・予防・治療法ついての説明です。
脂漏性脱毛症の予防対策はこれ一択!
脂漏性脱毛症の原因、症状、皮脂の多寡と薄毛の関係、予防対策、治療法の説明です。
頭皮常在菌と非常在菌 頭部白癬(しらくも)は怖い!?
頭皮常在菌と非常在菌、白癬(しらくも)についての説明です。
薬の副作用による脱毛は怖くない? 抗がん剤とそれ以外の薬
薬の副作用による脱毛についての説明です。
抜け毛の季節 抜け毛対策は重要です
季節による抜け毛についてです。抜け毛対策の重要性を説明しています。
抜毛症 自分の子供が抜毛症にかかったら
抜毛症とは何か?抜毛症にかかり易い子供の特徴と対処法に関しての説明です。
ストレスで薄毛になるは本当か?
ストレスと薄毛の関係についての説明です。
頭皮を傷つける行為とその回避策
頭皮を傷つける行為とその回避策についての説明です。
紫外線と抜け毛の関係
紫外線と抜け毛の関係、紫外線をどうやって避ければ良いか?説明します。
頭皮の糖化によって抜け毛は増えるのか?
頭皮の糖化によって抜け毛は増えるのか?調べてみました。
シャンプーが薄毛の原因になる例
シャンプーが薄毛の原因になる例について説明します。
頭皮の硬化で抜け毛が増えるは本当か?
頭皮の硬化で抜け毛が増えるかどうか検証します。
リンス・コンディショナー・トリートメントの使用は要注意
リンス・コンディショナー・トリートメントを使用する際の注意点を説明します。
頭皮の皮脂欠乏性湿疹(乾燥性皮膚炎)による抜け毛
頭皮の皮脂欠乏性湿疹(乾燥性皮膚炎)、皮脂欠乏症(乾皮症)による抜け毛の説明です。
接触性皮膚炎による脱毛
接触性皮膚炎による脱毛の可能性について説明します。
フケ対策を間違えるな! 〜放っておくと最悪抜け毛の増加も〜
乾燥性フケ、脂性のフケ、炎症性フケ、それぞれのフケ対策について説明します。