育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

究極の脱毛症薬ザガ―ロ 不安はあれど心配無用です

究極の脱毛症薬ザガ―ロ 不安はあれど心配無用です

 

男性型脱毛症薬として国内で使用されるようになったザガ―ロ

 

ザガ―ロの主成分であるデュタステリドはフィナステリド同様、元々は脱毛症の治療薬で
はなく、前立腺肥大症薬として開発されました。

 

 

この成分を開発した現グラクソスミスクライン社(GSK)は2001年にアボルブという商品
名の前立腺肥大症薬をアメリカで販売開始。 日本では2009年に厚生労働省に認可され現
在日本を含む102ヵ国で承認・販売されています。

 

 

さらにGSK社はデュタステリドを主成分とする男性型脱毛症治療薬も開発し、 厚労省の
認可を2015年に得て、2016年からザガ―ロという商品名で販売を開始しています。

 

 

ザガ―ロという名前の由来は、究極を意味する ZAGA(男性型脱毛症)をくっつけて
ZAGALLOとしたもので、まあ製薬会社のある種の願望によって付けられた商品名ですね。

 

 

これらは全て内服薬です。

 

 

 

 

ザガ―ロの効果は?

 

フィナステリド同様、脱毛の原因となるホルモンを抑制することで脱毛を抑えます。

 

 

臨床試験での効果は、投与後24週時で毛髪数の変化は、

 

ザガ―ロ0.1mg>フィナステリド1.0mg
ザガ―ロ0.5mg>フィナステリド1.0mg

 

毛髪の太さの変化は

 

ザガ―ロ0.1mg<フィナステリド1.0mg
ザガ―ロ0.5mg>フィナステリド1.0mg

 

という結果で、フィナステリドより効き目が強力では?という見方から一部の人の注目
を集めています。

 

 

注意点

 

女性は服用できません。これはラット及びウサギにデュタステリドを経口投与した結果、
雄胎児の外生殖器の雌性化がみられたことから男子胎児への影響が懸念されるためです。

 

 

さらにザガ―ロは経皮吸収されるため(皮膚から吸収されてしまう)女性や子供は薬剤
に触れないよう注意が必要です。といっても薬剤はカプセルで覆われていますので子供
の手の届かないところに置いておけば問題はないでしょう。

 

 

 

 

肝心の副作用

 

ザガ―ロの日本人を含む国際共同臨床試験では調査症例の17%で臨床検査値異常を含む
副作用が報告されたそうです。その主なものは勃起不全、精液量減少、リビドー減退な
どです。

 

 

これをプロぺシア(主成分フィナステリド)と比較すると、各項目ごとに優劣が分かれ、
どちらの方が全体的に副作用が強いのかは判断に迷うところです。

 

 

それと、ちょっと難しい話になってしまうのですが、

 

 

デュタステリドの使用は前立腺癌の確定診断の検査を受ける機会を減少させるようです。
デュタステリドを服用中に前立腺癌が発生した場合、診断遅れが生じ、早期治療の機会
を逃して後期段階に進展する可能性があるためです。

 

 

不安はあれど心配無用なわけ

 

FDA(アメリカ食品医薬品局)はザガ―ロを認可していません。

 

 

アメリカでは大衆薬の ロゲイン・カークランド などが広く普及しているのでGSK社は
採算性がないと思って認可を申請しなかったのか、はたまた副作用が大きいので、それ
ほど重要視されない脱毛治療薬としてわざわざ臨床試験をして認可を得るのは面倒だと
判断したのかは分かりませんが、脱毛治療薬としてのミノキシジルタブレット同様FDA
が認証していない事実を見ると少し不安がよぎります。

 

 

まあ、ミノキシジルタブレットはFDAだけでなく世界中のどの国も承認していないので、
ザガ―ロはそれに比べると少なくとも日本の厚生労働省が認可している分、信頼性は高
いですが。

 

 

しかし、とにもかくにもザガ―ロに対するいらぬ心配は無用です。

 

 

何故なら、 ザガ―ロは医師の処方なしでは購入できず、副作用等に対して医師と相談
しながら服用できるので安心ですし、 何よりも私の知る限り個人輸入代行業者による
販売はなされていません。

 

 

つまり独断での購入・使用自体ができないので、副作用は大丈夫か?等々医師と相談
する前から不安にかられる必要はないのです。

 

関連ページ

キャピキシル(Capixyl) その誇張された効果と副作用
キャピキシルにの効果と副作用に関する説明です。
ミノキシジルの副作用 心配して自分で解決策を探すのは時間の無駄!
ミノキシジルの副作用について説明していきます。
最強と言われているミノキシジルタブレット〜その効果と副作用〜 
ミニキシジル タブレットの効果と副作用を説明します。
ロゲイン・カークランド 海外製品の購入方法と注意点
ロゲイン・カークランドの購入方法と注意点について説明します。
色々ある海外で売られているミノキシジル配合の外用薬
海外で売られているミノキシジル配合の外用の発毛・育毛剤についての説明です。
高濃度ミノキシジル外用薬 使ってみる価値はあるかもしれないけど…
高濃度ミノキシジル外用薬に関するて説明です。
ミノキシジルのリバウンド 〜その真偽と対処法〜
ミノキシジルのリバウンドにつき、その真偽と対処法を説明します。
フィナステリドとはどういった男性型脱毛症治療薬なのか?
フィナステリドに関する説明です。
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬って大丈夫なの?
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬の説明です。
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)の説明です。
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由の説明です。
コンディショナー・トリートメントなどは育毛に役立たない件
シャンプー以外、リンス、コンディショナー、トリートメントは育毛の役に立たないことを説明します。
育毛シャンプーに育毛効果を期待できないことは常識です!
育毛シャンプーとはどういったものなのか?なぜ育毛効果を期待できないのか説明します。
薬用シャンプーはどのような人におすすめか?
薬用シャンプーはどのような人におすすめか説明します。
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリット
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリットについてお伝えします。
石鹸シャンプーも悪くはない?
石鹸シャンプーのメリット・デメリットについて説明します。
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか?
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか検証します。
頭皮保湿のためだけに育毛剤を使用する必要はない
頭皮を保湿するためだけの目的で育毛剤を使用する必要はない理由を説明します。
頭皮クレンジングをおすすめしない理由
頭皮クレンジングをおすすめしない理由を説明します。
イソフラボンの摂取は育毛に役立つか?
イソフラボンの摂取は育毛,、薄毛解消に役立つか? また摂取する際の注意点について説明します。
ノコギリヤシの育毛効果
ノコギリヤシの育毛効果・サプリに関する説明です。
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点について説明します。
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果について説明します。
オウゴンエキスの育毛剤としての効果
オウゴンエキスの育毛剤としての効果を説明します。
チョウジエキスは育毛効果が期待できるようになるかも知れず
チョウジエキスの育毛効果に関しての説明です。
ヒオウギエキスに含まれるイソフラボンで育毛は可能か?
ヒオウギ抽出液の育毛効果について検証します。
ボタンエキスと育毛
ボタンエキスの育毛効果について検証します。
びわ葉エキスでキャピキシルより多くの複合効果を得る?
びわ葉エキスの育毛効果について説明します。
シナノエキス 効能の数々
シナノエキス(ボダイジュエキス)の化粧品としての効能の説明です。
ヒキオコシエキスって、どのような効果を持つ育毛剤成分なのか?
ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス:延命草エキス)の育毛効果の説明です。