育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

フィナステリドとはどういった男性型脱毛症治療薬なのか?

フィナステリドとはどういった男性型脱毛症治療薬なのか?

 

トランプ米大統領も使っていた(いる?)フィナステリドの開発秘話

 

もともとフィナステリドは、 前立腺肥大症を招く原因であるDHTという男性ホルモンを
抑制するために開発された治療薬で、アメリカのメルク社がプロスカー(Proscar)という
商品名で販売していました。

 

 

ところがプロスカーを投与した前立腺肥大症患者の毛髪が増えているケースが見つかっ
た事から育毛に関しての研究が行なわれ、その結果男性型脱毛症(AGA)にも効果のある
ことが判りました。

 

 

つまり前立腺肥大症を招くDHTというホルモンは、男性型脱毛症(AGA)の原因でもある
ので、DHTを抑制する、イコール脱毛症の改善にも有効だったということです。

 

 

そのためメルク社はフィナステリドを使用しての男性型脱毛症(AGA)治療薬の開発を
進め、 前立腺肥大症薬より低容量のフィナステリドを使用したプロぺシアという商品
名の育毛薬を誕生させました。

 

 

 

 

最初メルク社はフィナステリドの副作用が結構強いことから、育毛薬についてはミノキ
シジル
にあるような外用薬にしようと試みましたが上手くいかず、 結局プロぺシアは
内服薬として販売されることになった、と聞きます。

 

 

ミノキシジルにせよ、フィナステリドにせよ、元々は育毛薬としてではなく別の治療薬
として開発されたことから、研究者にとって男性型脱毛症はそれほど重要視されていな
いことが伺えますね。

 

 

ちなみにトランプ大統領は前立腺肥大症の治療目的ではなく育毛目的で使用していたと
当時の主治医ハロルド・ボーンスティンが語っています。

 

 

フィナステリドは即効性なし?

 

フィナステリドは脱毛に繋がるホルモン(DHT)を抑制することで脱毛作用を弱めるもの
で、 ミノキシジルのように血流を良くして発毛を促すものではありません。 従い増毛
効果を感じるまで、3〜6ヶ月、時には1年以上かかるようです。

 

 

ゆえに、発毛効果のあるミノキシジル外用薬とフィナステリド(内服薬)を併用する方も
います。

 

 

ところでフィナステリドはミノキシジルのように薬剤師の立ち会いのもと薬局で購入で
きるわけではなく、医師の処方が必要です。ですので副作用のことも含め医師のコント
ロールの下、服用しましょうね。

 

 

 

 

日本で売られているフィナステリド配合薬の種類と傾向

 

一番有名なのがフィナステリドを開発したメルク社(アメリカ)のプロぺシア(Propecia)
で、日本ではMSD(元万有製薬)がプロぺシア名で生産・販売しています。

 

 

その後プロぺシアの特許期限が切れ、いくつものジェネリック薬が日本でも販売される
ようになりました。ただし物質特許とAGA治療薬としての用途特許、さらにはそれ以外
の様々な特許が入り組んでいるので、いつ全ての特許が切れ、誰もがジェネリック薬を
製造・販売できるようになったのかは専門家によっても意見が食い違い、良くわかりま
せん。

 

 

にもかかわらず既に下記5社が、日本でジェネリック薬を販売しているのは確かですし、
あれだけ話題になったED治療薬のバイアグラの数倍の市場規模があると言われている
プロぺシアです。今後とも新規メーカーが参入して来ることも考えられます。

 

 

フィナステリド錠 0.2/1.0mg「ファイザー」(製造販売:ファイザー)
フィナステリド錠 0.2/1.0mg「サワイ」  (製造販売:沢井製薬)
フィナステリド錠 0.2/1.0mg「クラシエ」 (製造販売:大興製薬)
フィナステリド錠 0.2/1.0mg「トーワ」  (製造販売:東和薬品)
フィナステリド錠 0.2/1.0mg「SN」     (製造販売:シオノケミカル)

 

 

フィナステリドの今後

 

プロぺシア服用もミノキシジル同様あくまで対症療法に過ぎません。ゆえに服用を中止
するとミノキシジルのように毛髪は元の状態に戻ってしまいます。つまり「もう齢だし
薄くなってもいいや」と決心するまで服用を続けなくてはなりません。

 

 

決して安価ではないし保険も利かないこの薬、 現在私は使用する機会はありませんが
将来必要になるかも知れないので、 プロぺシアジェネリックの生産・販売者がもっと
増え、競争によって価格がもっと下がり、 ユーザーの負担が少しでも減ることを期待
しています。

 

関連ページ

キャピキシル(Capixyl) その誇張された効果と副作用
キャピキシルにの効果と副作用に関する説明です。
ミノキシジルの副作用 心配して自分で解決策を探すのは時間の無駄!
ミノキシジルの副作用について説明していきます。
最強と言われているミノキシジルタブレット〜その効果と副作用〜 
ミニキシジル タブレットの効果と副作用を説明します。
ロゲイン・カークランド 海外製品の購入方法と注意点
ロゲイン・カークランドの購入方法と注意点について説明します。
色々ある海外で売られているミノキシジル配合の外用薬
海外で売られているミノキシジル配合の外用の発毛・育毛剤についての説明です。
高濃度ミノキシジル外用薬 使ってみる価値はあるかもしれないけど…
高濃度ミノキシジル外用薬に関するて説明です。
ミノキシジルのリバウンド 〜その真偽と対処法〜
ミノキシジルのリバウンドにつき、その真偽と対処法を説明します。
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬って大丈夫なの?
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬の説明です。
究極の脱毛症薬ザガ―ロ 不安はあれど心配無用です
脱毛症薬ザガ―ロに関する説明です。
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)の説明です。
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由の説明です。
コンディショナー・トリートメントなどは育毛に役立たない件
シャンプー以外、リンス、コンディショナー、トリートメントは育毛の役に立たないことを説明します。
育毛シャンプーに育毛効果を期待できないことは常識です!
育毛シャンプーとはどういったものなのか?なぜ育毛効果を期待できないのか説明します。
薬用シャンプーはどのような人におすすめか?
薬用シャンプーはどのような人におすすめか説明します。
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリット
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリットについてお伝えします。
石鹸シャンプーも悪くはない?
石鹸シャンプーのメリット・デメリットについて説明します。
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか?
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか検証します。
頭皮保湿のためだけに育毛剤を使用する必要はない
頭皮を保湿するためだけの目的で育毛剤を使用する必要はない理由を説明します。
頭皮クレンジングをおすすめしない理由
頭皮クレンジングをおすすめしない理由を説明します。
イソフラボンの摂取は育毛に役立つか?
イソフラボンの摂取は育毛,、薄毛解消に役立つか? また摂取する際の注意点について説明します。
ノコギリヤシの育毛効果
ノコギリヤシの育毛効果・サプリに関する説明です。
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点について説明します。
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果について説明します。
オウゴンエキスの育毛剤としての効果
オウゴンエキスの育毛剤としての効果を説明します。
チョウジエキスは育毛効果が期待できるようになるかも知れず
チョウジエキスの育毛効果に関しての説明です。
ヒオウギエキスに含まれるイソフラボンで育毛は可能か?
ヒオウギ抽出液の育毛効果について検証します。
ボタンエキスと育毛
ボタンエキスの育毛効果について検証します。
びわ葉エキスでキャピキシルより多くの複合効果を得る?
びわ葉エキスの育毛効果について説明します。
シナノエキス 効能の数々
シナノエキス(ボダイジュエキス)の化粧品としての効能の説明です。
ヒキオコシエキスって、どのような効果を持つ育毛剤成分なのか?
ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス:延命草エキス)の育毛効果の説明です。