育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

色々ある海外で売られているミノキシジル配合の外用薬

色々ある海外で売られているミノキシジル配合の外用薬

 

国内で販売されているミノキシジル外用薬は、

 

 

男性用はミノキシジル5%配合のリアップx5プラス、1%のリアップ、リアッププラス、
リアップジェットの計4種類、女性用は1%配合のリアップジェンヌのみです。

 

 

リアップの名前がついていますがプレリアップ、フレッシュリアップはミノキシジルを
配合していない医薬品ではない商品です。

 

 

一方の海外製品ですがロゲイン・カークランド以外にも以下のようなミノキシジル配合
外用薬あります。 ロゲイン/カークランドについては ロゲイン・カークランド 海外
製品の購入方法と注意点
を参照願います)

 

 

アクタビス(Actavis)

 

アクタビスはアメリカ合衆国 ニュージャージー州に本社を置くアクタビスグループが
製造販売するミノキシジル配合ジェネリック薬です。

 

 

このグループはニューヨーク証券取引所に株式を上場していて、売り上げが2兆円を超
える大企業です。

 

 

もちろん日本法人もありますが、ジョンソン&ジョンソンのロゲイン同様、アクタビス
育毛剤は日本では販売されていません。

 

 

商品は2%と5%配合の2種類。生産国はカナダです。

 

 

商品名は毛髪再成治療薬(Hair Regrowth Treatment)ですが企業名を冠したアクタビス
というブランドで販売されています。

 

 

 

 

ぺリゴ社(Perrigo)製造の育毛剤いろいろ

 

ぺリゴ社はアクタビス同様ニューヨーク証券取引所に株式を上場しているアイルランド
の大手製薬会社で、イスラエルでミノキシジル5%配合の発毛・育毛剤を生産してます。

 

 

商品名はアクタビス同様毛髪再生治療薬ですが、アクタビスとは違いぺリゴの商号は
使わず、マイヤ―(Meijer)セーフウェイ(Safeway)など、この製品を販売している
企業名を使って販売されています。

 

 

ジェンヘアー(Genhair)

 

ミノキシジル高濃度の外用薬。15%配合のM15と5%配合のM5の二つあります。

 

 

販売元はベストグリーンラボ(Best Green Lab s.r.o)というスロバキアの会社ですが、
英語で検索してもHPが出てこずフェースブックがHPの代わりになっています。

 

 

スロバキア語ならちゃんとHPが出てくるのかな? とも思いましたが、社名は英語です
ので、なんか良くわからない会社です。

 

 

 

 

スペクトラルDNC(Spectral DNC)

 

DSヘルスケアグループというアメリカのフロリダにある企業がDSラボラトリーという
ブランド名で販売している商品です。

 

 

基本的にミノキシジルの濃度は5%で男性用ですが

 

 

− アルコールの配合量を減らしたスペクトラルMX-5
− ノコギリヤシを追加配合したスペクトラルDNC-L
− アストレシンBという成分を追加配合したスペクトラルF7

 

 

さらにミノキシジル濃度2%の女性用スペクトラルUHPがあります。

 

 

 

 

ポラリス(Polaris)

 

DSヘルスケアグループの主ブランドはDSラボラトリーですが、同グループはそれ以外に
もポラリスリサーチラボラトリーズ(Polaris Research Laboratories)というブランド
も展開しています。

 

 

このポラリスリサーチラボラトリーズブランドではジェンヘアーのように高濃度ミノキ
シジルの商品も販売しています。

 

 

商品レンジは下記となりますが全て男性用です。ミノキシジル5%配合では濃度が不十分
と考える方がポラリスを使用するケースが多いようです。

 

 

 

爆毛根(Bakumokon)

 

こちらもDSヘルスケアグループが販売する商品で5%と7%とがあります。どちらも男性
用です。この商品、日本名だけではなく英語表記もBakumokon(バクモコン)というのが
すごいです。

 

 

厚生労働省の認可を取得しておらず日本では販売できないので、個人輸入目当てなので
しょうか?

 

 

日本の漢字表記により日本ブランドだと勘違いする外国の方も多いでしょうから、中国
を中心としたアジアをターゲットにした商品かもしれませんね。

 

 

 

 

しかしこれって、アメリカのしっかりした企業がやるようなビジネス形態ではない様な
気もします。

 

 

さらにDSヘルスケアグループ自身はHPを持っていないようなので、 爆毛根のラベラ―
(対象製品を最初に市場流通させた後、ラベルの交換や修正の意図を持たない者)である
DSラボラトリーのHPを覗いてみましたが、 スペクトラルDNCは商品レンジとして紹介
されていたものの、爆毛根は残念ながら掲載されていませんでした。

 

 

まとめ

 

探せばミノキシジル配合外用薬はまだまだありそうですが、 ロゲイン・カークランド
以外で、色々な意味で信頼できそうなのはアクタビスぺリゴ社の商品くらいでしょ
うか。

関連ページ

キャピキシル(Capixyl) その誇張された効果と副作用
キャピキシルにの効果と副作用に関する説明です。
ミノキシジルの副作用 心配して自分で解決策を探すのは時間の無駄!
ミノキシジルの副作用について説明していきます。
最強と言われているミノキシジルタブレット〜その効果と副作用〜 
ミニキシジル タブレットの効果と副作用を説明します。
ロゲイン・カークランド 海外製品の購入方法と注意点
ロゲイン・カークランドの購入方法と注意点について説明します。
高濃度ミノキシジル外用薬 使ってみる価値はあるかもしれないけど…
高濃度ミノキシジル外用薬に関するて説明です。
ミノキシジルのリバウンド 〜その真偽と対処法〜
ミノキシジルのリバウンドにつき、その真偽と対処法を説明します。
フィナステリドとはどういった男性型脱毛症治療薬なのか?
フィナステリドに関する説明です。
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬って大丈夫なの?
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬の説明です。
究極の脱毛症薬ザガ―ロ 不安はあれど心配無用です
脱毛症薬ザガ―ロに関する説明です。
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)の説明です。
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由の説明です。
コンディショナー・トリートメントなどは育毛に役立たない件
シャンプー以外、リンス、コンディショナー、トリートメントは育毛の役に立たないことを説明します。
育毛シャンプーに育毛効果を期待できないことは常識です!
育毛シャンプーとはどういったものなのか?なぜ育毛効果を期待できないのか説明します。
薬用シャンプーはどのような人におすすめか?
薬用シャンプーはどのような人におすすめか説明します。
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリット
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリットについてお伝えします。
石鹸シャンプーも悪くはない?
石鹸シャンプーのメリット・デメリットについて説明します。
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか?
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか検証します。
頭皮保湿のためだけに育毛剤を使用する必要はない
頭皮を保湿するためだけの目的で育毛剤を使用する必要はない理由を説明します。
頭皮クレンジングをおすすめしない理由
頭皮クレンジングをおすすめしない理由を説明します。
イソフラボンの摂取は育毛に役立つか?
イソフラボンの摂取は育毛,、薄毛解消に役立つか? また摂取する際の注意点について説明します。
ノコギリヤシの育毛効果
ノコギリヤシの育毛効果・サプリに関する説明です。
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点について説明します。
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果について説明します。
オウゴンエキスの育毛剤としての効果
オウゴンエキスの育毛剤としての効果を説明します。
チョウジエキスは育毛効果が期待できるようになるかも知れず
チョウジエキスの育毛効果に関しての説明です。
ヒオウギエキスに含まれるイソフラボンで育毛は可能か?
ヒオウギ抽出液の育毛効果について検証します。
ボタンエキスと育毛
ボタンエキスの育毛効果について検証します。
びわ葉エキスでキャピキシルより多くの複合効果を得る?
びわ葉エキスの育毛効果について説明します。
シナノエキス 効能の数々
シナノエキス(ボダイジュエキス)の化粧品としての効能の説明です。
ヒキオコシエキスって、どのような効果を持つ育毛剤成分なのか?
ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス:延命草エキス)の育毛効果の説明です。