育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

ロゲイン・カークランド 海外製品の購入方法と注意点

ロゲイン・カークランド 海外製品の購入方法と注意点

 

日本で販売されているミノキシジル配合の発毛・育毛剤はリアップのみです。

 

 

リアップシリーズとして数種類の商品がありますが、別ブランドのものを試してみたい
となると、海外製品を考えるしかありません。

 

 

ここではミノキシジル配合の育毛剤として日本でも有名な2つの商品ロゲインとカーク
ランド(どちらもアメリカ製ですが)これらを購入する手はアリかどうか考えてみます。

 

 

まずはロゲインとカークランドについて簡単な説明から

 

 

ロゲイン(ROGAINE)

 

 

 

世界で初めてミノキシジル配合の外用薬として販売された米アップジョン社が開発した
製品です。

 

 

1996年にミノキシジル2%配合の男性用および女性用を全米で発売。1997年に5%配合
の男性用を発売。2006年からはフォームタイプ(泡状)の製品も投入されました。

 

 

さらに2014年には、5%配合の女性用ロゲインの販売承認をFDA(アメリカ食品医薬品
局)から得て販売を開始、現在に至ります。

 

 

アップジョン社はロゲインを初めて発売した後、合従連衡を繰り返し、現在は消費者向
け製品、医療機器、医薬品を扱う世界最大級のヘルスケアカンパニーであるジョンソン
&ジョンソンがロゲインを販売しています。

 

 

しかしジョンソン&ジョンソングループの日本法人はロゲインを販売していません。

 

 

厚生労働省から許認可を得るための臨床試験を行った、または行っているという噂は聞
こえてきませんので、日本で販売する気はないようです。

 

 

カークランド(KIRKLAND)

 

アメリカの大型会員制の倉庫店コストコが販売するロゲインのジェネリック医薬品で、
男性用は5%、女性用は2%のものが販売されています。

 

 

しかしと言うか、やはりと言うか、コストコの日本法人はカークランドを販売していま
せん。その代わりにリアップは販売しているのですが…。

 

 

 

 

ではロゲイン・カークランドをどうやって購入するか?

 

アマゾン・楽天など大手通販店でも取り扱っていません。厚生労働省の認可を得ていな
い医薬品なので当然といえば当然でしょう。

 

 

アマゾン・楽天などは厚生労働省の認可を得ているリアップでさえ、薬剤師がいないと
販売できない第一類医薬品ということで2014年6月の改正薬事法施行までは販売できま
せんでしたし、ヨドバシカメラなどの通販大手ですら今でも第一類医薬品を扱っていな
いところもあります。

 

 

次に考えられるのは、amazon USAなどのアメリカ本土にある流通業者から購入する事
です。

 

 

実際 amazon USAサイトではロゲイン、カークランドは販売されています。でも残念
なことに、送付先国名を「日本」と入力すると「この商品は日本に送付できません」と
いう表記が英語で現れます。これは「薬機法により輸入できないかも知れないので日本
には送付しない」ということなのでしょう。

 

 

その次に考えられるのは最強と言われているミノキシジルタブレットで説明したように
個人輸入代行業者経由で購入することです。

 

 

しかし別頁でも指摘したように偽造品を掴まされる可能性があることから、この方法は
推奨できません。

 

 

さらに偽造品問題だけでなく、 日本に法人登記された輸入代行業者ですら 「医薬品・
サプリメントの返品・交換は不可。個人輸入代行業者の業務は注文代行であり商品に対
する責任は注文者自身に帰属します」という取引条件で、代行業者の手違いで別商品が
間違って送付された、もしくは送付した商品が破損していたケースを除き、業者は一切
責任を負ってくれません。

 

 

日本の業者ですらこれですから、海外で登記された業者の対応は推して知るべしです。

 

 

うーん、これではこの手は怖くて使えませんね〜。

 

 

 

 

残る手段

 

残る可能性は、もしアメリカなどに親戚・友人等がいれば、その人に頼んで購入・日本
への郵送をしてもらうという方法くらいでしょう。

 

 

これなら偽造品をつかまされるリスクは避けられますし、特にアメリカでは基本的にミ
ノキシジル外用薬であれば医師の処方箋なしに手に入れられますので、この方法なら使
えると思います。

 

 

ただし、その場合でも郵送できる数量はミノキシジル2%および5%の商品は2ヶ月間に
2本まで(60mLX 2本)と決まっていますのでこの点は注意しましょう。それ以上郵送
すると日本で輸入通関ができなくなります。

 

関連ページ

キャピキシル(Capixyl) その誇張された効果と副作用
キャピキシルにの効果と副作用に関する説明です。
ミノキシジルの副作用 心配して自分で解決策を探すのは時間の無駄!
ミノキシジルの副作用について説明していきます。
最強と言われているミノキシジルタブレット〜その効果と副作用〜 
ミニキシジル タブレットの効果と副作用を説明します。
色々ある海外で売られているミノキシジル配合の外用薬
海外で売られているミノキシジル配合の外用の発毛・育毛剤についての説明です。
高濃度ミノキシジル外用薬 使ってみる価値はあるかもしれないけど…
高濃度ミノキシジル外用薬に関するて説明です。
ミノキシジルのリバウンド 〜その真偽と対処法〜
ミノキシジルのリバウンドにつき、その真偽と対処法を説明します。
フィナステリドとはどういった男性型脱毛症治療薬なのか?
フィナステリドに関する説明です。
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬って大丈夫なの?
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬の説明です。
究極の脱毛症薬ザガ―ロ 不安はあれど心配無用です
脱毛症薬ザガ―ロに関する説明です。
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)の説明です。
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由の説明です。
コンディショナー・トリートメントなどは育毛に役立たない件
シャンプー以外、リンス、コンディショナー、トリートメントは育毛の役に立たないことを説明します。
育毛シャンプーに育毛効果を期待できないことは常識です!
育毛シャンプーとはどういったものなのか?なぜ育毛効果を期待できないのか説明します。
薬用シャンプーはどのような人におすすめか?
薬用シャンプーはどのような人におすすめか説明します。
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリット
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリットについてお伝えします。
石鹸シャンプーも悪くはない?
石鹸シャンプーのメリット・デメリットについて説明します。
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか?
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか検証します。
頭皮保湿のためだけに育毛剤を使用する必要はない
頭皮を保湿するためだけの目的で育毛剤を使用する必要はない理由を説明します。
頭皮クレンジングをおすすめしない理由
頭皮クレンジングをおすすめしない理由を説明します。
イソフラボンの摂取は育毛に役立つか?
イソフラボンの摂取は育毛,、薄毛解消に役立つか? また摂取する際の注意点について説明します。
ノコギリヤシの育毛効果
ノコギリヤシの育毛効果・サプリに関する説明です。
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点について説明します。
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果について説明します。
オウゴンエキスの育毛剤としての効果
オウゴンエキスの育毛剤としての効果を説明します。
チョウジエキスは育毛効果が期待できるようになるかも知れず
チョウジエキスの育毛効果に関しての説明です。
ヒオウギエキスに含まれるイソフラボンで育毛は可能か?
ヒオウギ抽出液の育毛効果について検証します。
ボタンエキスと育毛
ボタンエキスの育毛効果について検証します。
びわ葉エキスでキャピキシルより多くの複合効果を得る?
びわ葉エキスの育毛効果について説明します。
シナノエキス 効能の数々
シナノエキス(ボダイジュエキス)の化粧品としての効能の説明です。
ヒキオコシエキスって、どのような効果を持つ育毛剤成分なのか?
ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス:延命草エキス)の育毛効果の説明です。