育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

イソフラボンの摂取は育毛に役立つか?

イソフラボンの摂取は育毛に役立つか?

 

1)イソフラボンとは

 

イソフラボンは天然に存在する有機化合物群の一種で、例えば大豆には炭水化物、蛋白
質などの主成分の他に、微量ながら大豆イソフラボンが含まれています。

 

 

2)イソフラボンの体への影響

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た様な化学構造・
作用を持っているため植物性エストロゲンとも呼ばれ、乳癌や骨粗鬆症(こつそしょう
しょう)の予防機能が期待されています。

 

 

 

 

実際に世界の複数の研究結果の分析では、大豆由来のイソフラボン摂取は日本人の女性
の場合は乳がんや脳梗塞、心筋梗塞、男性の場合は前立腺癌リスクの減少につながると
報告されています。

 

 

※ただし西洋人女性の集団では、乳がんリスクの減少は見られなかったとの報告もあり
ます。

 

 

3)大豆イソフラボンの育毛への好影響

 

@女性編:

 

女性ホルモンの一種エストロゲンの育毛への好影響については女性男性型脱毛症の原因
とAGAとの症状の違い
を参照して欲しいのですが、エストロゲンには毛髪を育てる働き
があり、女性男性型脱毛症(FAGA)の進行が、男性型脱毛症(AGA)に比べゆっくりと
しているのは、女性は齢を重ねても一定量のエストロゲンが分泌されているからだと言
われています。

 

 

また、エストロゲンの減少は抜け毛の増加につながるともいわれています。例えばスト
レスはエストロゲンの分泌を減少させますが、それによって抜け毛が増えることがあり
ます。

 

 

ゆえに抜け毛が増えるのを防いだりFAGAによる薄毛の進行を遅らせるために、植物性
エストロゲンである大豆イソフラボンをより多く摂取してはどうか? という考えに至
ります。

 

 

 

 

A男性編:

 

エストロゲンの男性型脱毛症(AGA)に対する影響については確たるものはありませんし、
大豆イソフラボン摂取で男性型脱毛症(AGA)の進行を遅らせることができるという信憑
性のある論文を見たことはありませんが、

 

 

2009年ネイチャー誌(イギリスの国際的に有名な総合科学ジャーナル) に掲載された
奈良大学・筑波大学の先生方が書かれた前立腺癌に関する論文には 「30歳から59歳迄
の健康な被験者28人に、 毎日60mgの大豆イソフラボンを3ヶ月間摂取してもらったら
体内のDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種が大幅に減った」と
明記されています。同じような研究結果は、私は見ていませんが、他にいくつかあるみ
たいです。

 

 

 

 

前立腺癌のリスクとDHT(ジヒドロテストステロン)には正の相関関係があるので前立腺
癌に関する論文で、大豆イソフラボンとDHTとの関係を示す実験結果が報じらているの
ですが、このDHT(ジヒドロテストステロン)は男性型脱毛症(AGA)の原因でもあるの
です。

 

 

つまりDHTが増えると男性型脱毛症(AGA)が進行しやすくなり、DHTが減ると進行しに
くくなるので、大豆イソフラボンを積極的に摂取して体内のDHTを減らし薄毛解消を図
ろうというアイデアが自然と生まれてきます。

 

 

4)イソフラボン摂取について

 

特に薄毛の男性の場合DHTの減少は願ってもないことなので「慌てろ!早速大量の大豆
イソフラボン摂取を開始だ!」 となりがちですが 大豆イソフラボンの取り過ぎによる
弊害
には注意が必要です。

 

 

 

 

2006年発表の内閣府、食品安全委員会のレポートには「大豆イソフラボンの一日摂取
量の上限値は70〜75 r/日」 と記されています。

 

 

因みに各食品にはどのぐらいの大豆イソフラボンが含まれているかと言いますと 以下
のごとくです。

 

豆腐一丁(300g)   約80mg
味噌(10g)      約 5mg
納豆1パック(45g) 約35mg

 

「えっ、豆腐一丁で毎日の上限を超えちゃうよ!」と思われるかもしれませんが、70〜
75rというのは、毎日欠かさず長期間摂取する場合の平均値の上限で、国民栄養調査に
基づく大豆イソフラボン摂取量/日の試算では、女性16〜22mg/日、男性18mg/日、と
なっています。

 

 

実際に自分のケースを計算してみると関東人なので時々納豆を食べることもあり、平均
より少し多めの25mgぐらいかな〜といった感じです。

 

 

さらに食品安全委員会のレポートでは、

 

 

食事での大豆イソフラボンに上乗せて、特定保健用食品(トクホ)として追加で30mg/日
を摂取しても一日摂取の上限値70〜75 rを超えることはまずないだろうということで、
1日30mgの追加摂取を肯定しています。

 

 

 

 

以上のことから、体内のDHTを減らすために、大豆イソフラボンのサプリを試してみよ
うかな?でもDHTといえども男性ホルモン自体を減らすのはどうかな?元気がなくなる
かもしれないし。であれば、薄毛の直接の原因となるアンドロゲン受容体とかTGF-β
タンパク質
などを減らすことに注力したほうが良いのかな?

 

 

などと少し考えあぐねている今日この頃です。

 

関連ページ

キャピキシル(Capixyl) その誇張された効果と副作用
キャピキシルにの効果と副作用に関する説明です。
ミノキシジルの副作用 心配して自分で解決策を探すのは時間の無駄!
ミノキシジルの副作用について説明していきます。
最強と言われているミノキシジルタブレット〜その効果と副作用〜 
ミニキシジル タブレットの効果と副作用を説明します。
ロゲイン・カークランド 海外製品の購入方法と注意点
ロゲイン・カークランドの購入方法と注意点について説明します。
色々ある海外で売られているミノキシジル配合の外用薬
海外で売られているミノキシジル配合の外用の発毛・育毛剤についての説明です。
高濃度ミノキシジル外用薬 使ってみる価値はあるかもしれないけど…
高濃度ミノキシジル外用薬に関するて説明です。
ミノキシジルのリバウンド 〜その真偽と対処法〜
ミノキシジルのリバウンドにつき、その真偽と対処法を説明します。
フィナステリドとはどういった男性型脱毛症治療薬なのか?
フィナステリドに関する説明です。
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬って大丈夫なの?
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬の説明です。
究極の脱毛症薬ザガ―ロ 不安はあれど心配無用です
脱毛症薬ザガ―ロに関する説明です。
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)の説明です。
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由の説明です。
コンディショナー・トリートメントなどは育毛に役立たない件
シャンプー以外、リンス、コンディショナー、トリートメントは育毛の役に立たないことを説明します。
育毛シャンプーに育毛効果を期待できないことは常識です!
育毛シャンプーとはどういったものなのか?なぜ育毛効果を期待できないのか説明します。
薬用シャンプーはどのような人におすすめか?
薬用シャンプーはどのような人におすすめか説明します。
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリット
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリットについてお伝えします。
石鹸シャンプーも悪くはない?
石鹸シャンプーのメリット・デメリットについて説明します。
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか?
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか検証します。
頭皮保湿のためだけに育毛剤を使用する必要はない
頭皮を保湿するためだけの目的で育毛剤を使用する必要はない理由を説明します。
頭皮クレンジングをおすすめしない理由
頭皮クレンジングをおすすめしない理由を説明します。
ノコギリヤシの育毛効果
ノコギリヤシの育毛効果・サプリに関する説明です。
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点について説明します。
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果について説明します。
オウゴンエキスの育毛剤としての効果
オウゴンエキスの育毛剤としての効果を説明します。
チョウジエキスは育毛効果が期待できるようになるかも知れず
チョウジエキスの育毛効果に関しての説明です。
ヒオウギエキスに含まれるイソフラボンで育毛は可能か?
ヒオウギ抽出液の育毛効果について検証します。
ボタンエキスと育毛
ボタンエキスの育毛効果について検証します。
びわ葉エキスでキャピキシルより多くの複合効果を得る?
びわ葉エキスの育毛効果について説明します。
シナノエキス 効能の数々
シナノエキス(ボダイジュエキス)の化粧品としての効能の説明です。
ヒキオコシエキスって、どのような効果を持つ育毛剤成分なのか?
ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス:延命草エキス)の育毛効果の説明です。