育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

コンディショナー・トリートメントなどは育毛に役立たない件

コンディショナー・トリートメントなどは育毛に役立たない件

 

シャンプーは育毛の成分ではありません。しかし育毛と切っても切れない関係にありま
す。

 

 

なぜかと言いますと、育毛をはかる上で頭皮を清潔に保つことは必要不可欠で、それを
担うのがシャンプーだからです。

 

 

 

 

ということで今回はシャンプー、 そしてそのシャンプーといっしょに使われるリンス、
コンディショナー、トリートメントを取り上げてみます。

 

 

特にリンスとコンディショナー、トリートメントの違い、またこれらは育毛の役に立
つのか
について伝えたいと思います。

 

 

1)シャンプー

 

シャンプーは髪と頭皮を洗浄するための洗剤です。 頭皮の状態を改善したり、まして
や髪の毛の元になる毛母細胞を活性化させたりと育毛をはかるものではありません。

 

 

しかし育毛のためには頭皮が清潔であることは必須です。 頭皮には雑菌(頭皮常在菌)
がある程度存在することが頭皮の健康のために必要ですので、何をもって清潔と言える
のかを定義するのは難しいですが、頭皮の常在菌が増え過ぎても困るので、外から見て
脂ギトギトではなく、かつ変な臭いがしないというのが清潔の定義だと思ってもらえば
よいでしょう。

 

 

 

 

2)リンス

 

子供の頃、家ではコンディショナーではなく、代わりにリンスが使われていました。

 

 

リンスはシャンプー後に使用するもので、使用するとそれを洗い流しても髪がサラサラ
するように感じましたので、現在使われているコンディショナーと同じようなものです
ね。

 

 

で、リンスって元々、現在一般的に使われているシャンプーが開発される前シャンプー
は石鹸に近いアルカリ性で、髪の表面を覆う弱酸性のキューティクルとの相性が悪かっ
たので、このアルカリ性を中和させるのに用いられた液剤でした。

 

 

そのためシャンプーをすすぐという意味で、これを英語に直訳したリンスという名前
がこの製品につけられました。ですのでリンスは日本特有の製品名です。

 

 

しかし1950年以降、シャンプーは石鹸に近いアルカリ性の成分から酸性の界面活性剤
使用へと移行し、それにともないリンス本来の役割は減り、 現在のコンディショナー
が持つ性格に変わっていきました。

 

 

 

 

3)リンスインシャンプー

 

シャンプーにリンスが配合された商品です。

 

 

シャンプーとは別にリンスを用いる必要がなく、 1本でシャンプーとリンスが出来るの
で、手間が省け、また安価で済むということでそこそこ人気があるようです。

 

 

ただし髪や頭皮をしっかり洗いたい、髪をしっとりと保ちたい、という人には向いてい
ません。

 

 

あと、自分で市販のシャンプ―とリンスを購入し、それを混ぜ合わせても洗浄力が落ち
るだけで市販のリンスインシャンプーの働きはしませんので注意してくださいね。

 

 

4)コンディショナー

 

髪の表面を油分やシリコンで包み込みキューティクルを保護するとともに、髪のごわつ
きを抑え櫛通りを滑らかにしたり、髪をしなやかにして艶を出すことなどを目的に作ら
れている製品です。

 

 

5)トリートメント

 

トリートメントは髪の内部に成分を浸透させて、髪の状態を整えるもので、髪の傷みを
補修したり、髪をしなやかにして艶を出したりします。

 

 

6)リンス、コンディショナー、トリートメントの違い

 

 

 

 

リンスもコンディショナーも、 髪の表面に油分などを与えてコーティングすることに
変わりありません。

 

 

今ではリンスからコンディショナーに呼び名を変えたメーカーも多いですが、長年親し
まれたリンスの名はそのままに配合成分を変え、コンディショナーと何ら変らない目的
で使えるものも多く販売されています。

 

 

一方のトリートメントは、髪の表面だけでなく髪の内部に成分を浸透させることがコン
ディショナーとの違いだと言われていましたが、これら製品の定義は各メーカー間で統
一されているわけではなく、今ではリンス・コンディショナーでも髪の内部に浸透する
ものもあるので、それぞれの商品説明を良く読んで、特徴を確かめるしかありません。

 

 

しかしリンスやコンディショナー、トリートメントは髪を守ったり、髪に良い影響を与
えるだけで、頭皮には良い影響を与えてはくれません。

 

 

さらに、髪に良い影響を与えると言っても、その根っこの部分の毛乳頭に好影響を与え
てくれることは一切ないので、育毛という観点でリンス、コンディショナー、トリート
メントに期待できることは何もありません。

 

関連ページ

キャピキシル(Capixyl) その誇張された効果と副作用
キャピキシルにの効果と副作用に関する説明です。
ミノキシジルの副作用 心配して自分で解決策を探すのは時間の無駄!
ミノキシジルの副作用について説明していきます。
最強と言われているミノキシジルタブレット〜その効果と副作用〜 
ミニキシジル タブレットの効果と副作用を説明します。
ロゲイン・カークランド 海外製品の購入方法と注意点
ロゲイン・カークランドの購入方法と注意点について説明します。
色々ある海外で売られているミノキシジル配合の外用薬
海外で売られているミノキシジル配合の外用の発毛・育毛剤についての説明です。
高濃度ミノキシジル外用薬 使ってみる価値はあるかもしれないけど…
高濃度ミノキシジル外用薬に関するて説明です。
ミノキシジルのリバウンド 〜その真偽と対処法〜
ミノキシジルのリバウンドにつき、その真偽と対処法を説明します。
フィナステリドとはどういった男性型脱毛症治療薬なのか?
フィナステリドに関する説明です。
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬って大丈夫なの?
フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬の説明です。
究極の脱毛症薬ザガ―ロ 不安はあれど心配無用です
脱毛症薬ザガ―ロに関する説明です。
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)
フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)の説明です。
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由
ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由の説明です。
育毛シャンプーに育毛効果を期待できないことは常識です!
育毛シャンプーとはどういったものなのか?なぜ育毛効果を期待できないのか説明します。
薬用シャンプーはどのような人におすすめか?
薬用シャンプーはどのような人におすすめか説明します。
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリット
アミノ酸シャンプーのメリットとデメリットについてお伝えします。
石鹸シャンプーも悪くはない?
石鹸シャンプーのメリット・デメリットについて説明します。
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか?
ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか検証します。
頭皮保湿のためだけに育毛剤を使用する必要はない
頭皮を保湿するためだけの目的で育毛剤を使用する必要はない理由を説明します。
頭皮クレンジングをおすすめしない理由
頭皮クレンジングをおすすめしない理由を説明します。
イソフラボンの摂取は育毛に役立つか?
イソフラボンの摂取は育毛,、薄毛解消に役立つか? また摂取する際の注意点について説明します。
ノコギリヤシの育毛効果
ノコギリヤシの育毛効果・サプリに関する説明です。
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点
頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点について説明します。
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果について説明します。
オウゴンエキスの育毛剤としての効果
オウゴンエキスの育毛剤としての効果を説明します。
チョウジエキスは育毛効果が期待できるようになるかも知れず
チョウジエキスの育毛効果に関しての説明です。
ヒオウギエキスに含まれるイソフラボンで育毛は可能か?
ヒオウギ抽出液の育毛効果について検証します。
ボタンエキスと育毛
ボタンエキスの育毛効果について検証します。
びわ葉エキスでキャピキシルより多くの複合効果を得る?
びわ葉エキスの育毛効果について説明します。
シナノエキス 効能の数々
シナノエキス(ボダイジュエキス)の化粧品としての効能の説明です。
ヒキオコシエキスって、どのような効果を持つ育毛剤成分なのか?
ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス:延命草エキス)の育毛効果の説明です。