育毛剤口コミ掲示板 レビューサイト

育毛成分

育毛成分記事一覧

キャピキシル(Capixyl) その誇張された効果と副作用

話題のキャピキシルキャピキシル(Capixyl)という育毛剤の成分が話題だとの巷での噂。キャピキシルが話題になっている理由は、@医薬品成分フィナステリドのように 男性型脱毛症(AGA)の原因となる5αリダクターゼを抑制してくれる。A医薬品成分ミノキシジルのように毛母細胞を活性化させてくれる。しかもミ...

≫続きを読む

 

ミノキシジルの副作用 心配して自分で解決策を探すのは時間の無駄!

ミノキシジル誕生の裏副作用の話の前に、そもそもミノキシジルってどんなものなのか簡単に説明します。ミノキシジル(Minoxidil)はアメリカのアップジョン社が1960年代に開発した高血圧治療薬成分です。しかしこの経口薬を服用していた患者に増毛効果があったこと、一方でこの薬には大きな副作用のあることが...

≫続きを読む

 

最強と言われているミノキシジルタブレット〜その効果と副作用〜

ミノキシジルタブレット(略してミノタブ)は何故人気があるのか?元々ミノキシジルは高血圧の薬として開発されたことは前にも触れました。血管を拡張させることで血流を良くし、血圧を降下させます。しかし血圧降下薬としての役割だけでなく頭皮下の血流も促され、発毛効果を上げる事が判明したため、発毛・育毛剤として日...

≫続きを読む

 

ロゲイン・カークランド 海外製品の購入方法と注意点

日本で販売されているミノキシジル配合の発毛・育毛剤はリアップのみです。リアップシリーズとして数種類の商品がありますが、別ブランドのものを試してみたいとなると、海外製品を考えるしかありません。ここではミノキシジル配合の育毛剤として日本でも有名な2つの商品ロゲインとカークランド(どちらもアメリカ製ですが...

≫続きを読む

 

色々ある海外で売られているミノキシジル配合の外用薬

国内で販売されているミノキシジル外用薬は、男性用はミノキシジル5%配合のリアップx5プラス、1%のリアップ、リアッププラス、リアップジェットの計4種類、女性用は1%配合のリアップジェンヌのみです。リアップの名前がついていますがプレリアップ、フレッシュリアップはミノキシジルを配合していない医薬品ではな...

≫続きを読む

 

高濃度ミノキシジル外用薬 使ってみる価値はあるかもしれないけど…

「海外製のミノキシジル配合育毛剤は、偽造品をつかまされる可能性があることや個人輸入代行業者の業務はあくまで注文代行で、商品に対する責任は全てユーザーが負わないといけないことはわかりますが、日本で手に入るミノキシジル育毛剤は濃度5%まで。そのため濃度5%を超えるものを試してみたいという場合は、個人輸入...

≫続きを読む

 

ミノキシジルのリバウンド 〜その真偽と対処法〜

元々は血圧降下薬ミノキシジルのリバウンドを考える場合、最初にミノキシジルの育毛効果のメカニズムを知っておく必要があります。ミノキシジルは元々は血管を拡張することによる血圧降下薬でしたが、育毛効果もあることが判明したため、発毛・育毛剤としても販売されることになりました。血管に一定の量の血液を流そうとす...

≫続きを読む

 

フィナステリドとはどういった男性型脱毛症治療薬なのか?

トランプ米大統領も使っていた(いる?)フィナステリドの開発秘話もともとフィナステリドは、 前立腺肥大症を招く原因であるDHTという男性ホルモンを抑制するために開発された治療薬で、アメリカのメルク社がプロスカー(Proscar)という商品名で販売していました。ところがプロスカーを投与した前立腺肥大症患...

≫続きを読む

 

フィンぺシアなどのフィナステリド ジェネリック薬って大丈夫なの?

米メルク社(日本ではMSD)が販売する脱毛症薬で有名なプロぺシア、主成分はフィナステリドです。そのフィナステリドジェネリック薬が個人輸入代行業者によって日本でも簡単に購入でき、かつ安価であるため人気が出ているようですので、今回はこの海外製ジェネリック薬について検証しようと思います。特許切れ前のジェネ...

≫続きを読む

 

究極の脱毛症薬ザガ―ロ 不安はあれど心配無用です

男性型脱毛症薬として国内で使用されるようになったザガ―ロザガ―ロの主成分であるデュタステリドはフィナステリド同様、元々は脱毛症の治療薬ではなく、前立腺肥大症薬として開発されました。この成分を開発した現グラクソスミスクライン社(GSK)は2001年にアボルブという商品名の前立腺肥大症薬をアメリカで販売...

≫続きを読む

 

フロジン、アロビックス、カロヤン(塩化カルプロニウム)

塩化カルプロニウム、一般的にカルプロニウムと言われている成分には血管拡張作用があり、血行促進効果で発毛にも良いとされています。血管拡張という意味では少しミノキシジルに似ていますね。このカルプロニウムが配合された育毛剤にはフロジン外用液5%、アロビックス外用液5%、カロヤン・ブログレ1%・2%があり、...

≫続きを読む

 

ケトコナゾールシャンプーをあまりオススメできない理由

ケトコナゾ―ルとは?ケトコナゾール(Ketoconazole)は主に真菌症の治療に使用される薬です。真菌はカビの仲間で、水虫は真菌類の白癬菌が足に寄生したものです。では何故このケトコナゾ―ルが育毛と関係してくるのかと言うと、まず粃糠性(ひこうせい)脱毛症の治療薬として使われます。次に脂漏性皮膚炎にも...

≫続きを読む

 

コンディショナー・トリートメントなどは育毛に役立たない件

シャンプーは育毛の成分ではありません。しかし育毛と切っても切れない関係にあります。なぜかと言いますと、育毛をはかる上で頭皮を清潔に保つことは必要不可欠で、それを担うのがシャンプーだからです。ということで今回はシャンプー、 そしてそのシャンプーといっしょに使われるリンス、コンディショナー、トリートメン...

≫続きを読む

 

育毛シャンプーに育毛効果を期待できないことは常識です!

シャンプーは頭髪と頭皮を洗浄するものですが、そのさい一緒に育毛までできるということで人気のある育毛シャンプー。実際にその育毛効果はどうなのでしょうか?育毛シャンプーとは育毛シャンプーは頭髪や頭皮の洗浄だけでなく育毛のことも考えて作られたシャンプー、ということで捉えられているようです。ですが、そもそも...

≫続きを読む

 

薬用シャンプーはどのような人におすすめか?

薬用シャンプーとは薬用シャンプーはフケや炎症を抑える有効成分を配合し、厚生労働省により医薬部外品認定を受けている商品です。この点、育毛シャンプーなどの俗称ではなく、薬機法(旧薬事法)の規定に沿った製品名と言うことになります。薬用シャンプーの有効成分薬用シャンプーには普通のシャンプーの持つ頭髪・頭皮を...

≫続きを読む

 

アミノ酸シャンプーのメリットとデメリット

頭皮に優しく、使用後、髪がしっとりするという理由で近年人気を博しているアミノ酸シャンプー。今回はこのアミノ酸シャンプーのメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います。アミノ酸シャンプーとはアミノ酸系界面活性剤を使用したシャンプーのことをアミノ酸シャンプーと呼びます。界面活性剤は水と油のように混...

≫続きを読む

 

石鹸シャンプーも悪くはない?

別記事で、石鹸シャンプーはあまりオススメできないということを何度かお伝えしましたが、石鹸シャンプーは使い続けると髪がしっかりしてくるという口コミを時々目にするので、頭皮ケアとは直接関係ありませんが、今回はこの点に関して検証してみます。石鹸シャンプーのデメリット高級アルコール系シャンプー、アミノ酸シャ...

≫続きを読む

 

ヘアトニックは育毛剤の代わりとして使えるか?

薬用シャンプーはどのような人におすすめか?お伝えしたところ、「薄毛が進行しつつある人、抜け毛が増えてきている人は薬用シャンプーを使用しても効果は期待できないので、育毛剤と通常のシャンプーとの併用が望ましいというのは分かります。しかし頭皮が荒れているだけの場合は育毛剤と通常のシャンプーとの併用ではなく...

≫続きを読む

 

頭皮保湿のためだけに育毛剤を使用する必要はない

頭皮が乾燥することで抜け毛が増える?とある育毛剤の販売サイトに「頭皮の乾燥は抜け毛の原因になる。理由は頭皮の乾燥は血流不足の原因となり、それによって抜け毛が増えるため」という説明がなされていました。これ実際のところどうなのでしょうか?血流不足によって抜け毛が増えることは、いくつかの記事で書いているよ...

≫続きを読む

 

頭皮クレンジングをおすすめしない理由

1)頭皮クレンジングとはクレンジング(cleansing)は、化粧を落とすこと、またはそのために用いられる化粧品のことです。食器や金属器を洗浄するための洗剤クレンザー(cleanser)はれっきとした英語ですが、クレンジングは日本でしか通用しない和製英語です。頭皮クレンジングはクレンジング同様、 頭...

≫続きを読む

 

イソフラボンの摂取は育毛に役立つか?

1)イソフラボンとはイソフラボンは天然に存在する有機化合物群の一種で、例えば大豆には炭水化物、蛋白質などの主成分の他に、微量ながら大豆イソフラボンが含まれています。2)イソフラボンの体への影響大豆イソフラボンは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た様な化学構造・作用を持っているため植物性エ...

≫続きを読む

 

ノコギリヤシの育毛効果

1)ノコギリヤシとはノコギリヤシはアメリカ合衆国南東部に生息する植物で、 ヤシ科の一種です。 木の高さは2〜4メートルとヤシとしては小さめですが、50cm〜1mに広がる葉がノコギリの刃のような形をしていることからノコギリヤシと呼ばれています。ノコギリヤシには濃い赤色の果実が実り、そこには油性物質が多...

≫続きを読む

 

頭皮クレンジングを育毛剤代わりに使うことへの疑問点

頭皮を清潔に保つために使用される頭皮クレンジング。クレンジング剤ともいわれています。頭の臭いを消したりヘアダイ利用者等にも重宝されている製品です。今回はこのクレンジング剤を育毛剤の代わりとして使うことについて考えてみます。クレンジング剤と一口に言っても、本来のクレンジング効果を銘打ったものから、シャ...

≫続きを読む

 

カプサイシンとイソフラボンの育毛効果

カプサイシンはナス科トウガラシ属の果実内部に多く含まれている成分で、別名カプサイシノイドと呼ばれています。イソフラボンは大豆やクズなどのマメ科の植物に多く含まれているイソフラボン類に属する成分です。以前からカプサイシンとイソフラボンの摂取は育毛に良いと聞いていましたが、この説を発表した名古屋市立大学...

≫続きを読む

 

オウゴンエキスの育毛剤としての効果

ある育毛剤の広告で「オウゴンエキスで5αリダクターゼを77%カット!」と説明されていたので、本当かいな? もし本当なら医薬品のフィナステリド以上の効果なので、そんなの有り得ないな、と思いながらも念のため調べてみることにしました。1)5αリダクターゼとは男性型脱毛症(AGA) や 女性男性型脱毛症(F...

≫続きを読む

 

チョウジエキスは育毛効果が期待できるようになるかも知れず

オウゴンエキスにはそれほど期待できない、という調査結果になったのは残念でしたが、今回はチョウジエキスです。チョウジエキスとはチョウジエキスは丁子(別表記 丁字)から抽出されたエキスです。丁子はチョウジノキの蕾(つぼみ)を乾燥させたものですが、この形が釘に似ていることからその名が付けられたようです。と...

≫続きを読む

 

ヒオウギエキスに含まれるイソフラボンで育毛は可能か?

ヒオウギは日本や東アジア、インドの一部に生息するアヤメ科の多年草で、その葉が長く扇状に広がっていて檜扇に似ていることからヒオウギと銘々されました。そしてその根茎から抽出されたものがヒオウギエキスです。このヒオウギエキスは多くの化粧品だけでなく育毛剤にも配合されていますが育毛効果のほうは実際のところど...

≫続きを読む

 

ボタンエキスと育毛

最近、色々な化粧品や育毛剤に配合されるようになってきたボタンエキス。実際の育毛効果はどうなのでしょうか?ボタンエキスとは?ボタンエキスはその名の通り、乾燥させた牡丹皮(ボタンピ=牡丹の根の皮)から抽出されたエキスです。牡丹は日本・中国をはじめ世界各国で栽培され、古来より頭痛、腹痛、発熱による炎症、そ...

≫続きを読む

 

びわ葉エキスでキャピキシルより多くの複合効果を得る?

びわ葉エキスとはビワの木は以前はあちこちで見かけることがあったように記憶してますが、びわは高級果実の仲間入りをしたことと関係があるのか、最近は街の中で見る機会は少なくなりました。葉っぱが楕円形で、楽器の琵琶に似ていることから枇杷(びわ)と呼ばれるようになったビワの木、その葉は昔からせんじ薬の薬草とし...

≫続きを読む

 

シナノエキス 効能の数々

最近脚光を浴びているという育毛剤・化粧品成分のシナノエキス。現在使用している育毛剤を念の為チェックしたところ、シナノエキスも配合されていました。購入した理由は全く別のところにありましたので、薄毛が改善したのはシナノエキスのお蔭なんてことは思っていませんが、シナノエキスとはいったいどういう成分なのか?...

≫続きを読む

 

ヒキオコシエキスって、どのような効果を持つ育毛剤成分なのか?

ヒキオコシエキス、別名エンメイソウエキス(延命草エキス)はシソ科植物のヒキオコシ(延命草)の葉・茎から抽出されたエキスです。延命草は平安時代から庶民の間で腹痛や食あたり、 消化不良などの民間薬として使われてきましたが、現在は各種化粧品や育毛剤の成分としても利用されています。それでは、 このヒキオコシ...

≫続きを読む